包括的アプローチ:身体・心・環境

包括的アプローチ:身体・心・環境

企業が従業員のウェルビーングに取り組む際、多くの場合は身体的健康と人間工学からまず始めます。それは従業員の健康要素、例えば肥満、禁煙、運動などにフォーカスを当てることに加え、ケガを防ぐための人間工学にも目を向けます。

ウェルビーング文化を構築する

ウェルビーング文化を構築する

2014 年2 月末に定年で退任するSteel case のCEO であるJim Hackett 氏に、 今日のビジネスリーダーにとってのウェル ビーングについてインタビューしました。

Wellbeing:ウェルビーングと企業の収益性

Wellbeing:ウェルビーングと企業の収益性

このような能力へのニーズに対応することも今日企業が直面している複雑な問題の一つです。イノベーションへの欲求はもはやエリート集団やトップブランドだけの問題ではなく、あらゆる企業にとってその収益性をもたらすための不可欠要素になっています。

成長のジレンマ

成長のジレンマ

インドや中国のような成長市場では、企業がバ リューチェーン(価値連鎖)を向上させたことで 仕事の質が変化している。人材不足や継続的な 変化という課題を抱える中、有能な人材を保持 するために従業員のウェルビーングを向上させ る柔軟性が高く、復興力のあるワークスペース づくりが不可欠になる。

業界をリードする。

業界をリードする。

人間工学のコンサルティング会社が社員のウェルビーングを向上させるために「場」のパレットをどう採用したかを読む

Think Better

Think Better

世界中の多くの職場で、社員の能力を最大限に 引き出していない現状やその要因となる注意力 散漫が問題視され、多くの人が集中しながら仕 事を精力的にこなし続けることに無力感を覚え 始めている。その中で、今、脳科学研究がその根 本的な問題を明らかにし、仕事場での注意力を サポートする方法の糸口を開きはじめている。

進化するワークプレイスにおける姿勢

進化するワークプレイスにおける姿勢

テクノロジーやトレンドがワークプロセスを大きく変化させている中、姿勢への影響を理解することは極めて重要です。それは職場におけるより安全、快適、効果的な働き方を推進することにもつながります。

PCを超えて: 進化する アームレストサポート

PCを超えて: 進化する アームレストサポート

働き方が根本から変化する際に重要になってくるのが、人間工学的サポートが適切かどうかを再検証することです。タブレットやスマホなどタッチ操作テクノロジーに代表されるような新たなトレンドが仕事場に登場するとそこで働く人々の健康やウェルビーングに関して新たな課題が持ち上がってきます。

「場」のパワー: オフィスルネッサンス の始まり

「場」のパワー: オフィスルネッサンス の始まり

今日、人は電源とデバイスがあればオフィスでなくてもどこでも仕事ができるようになりました。しかし、リーディングカンパニーのCEOたちは一応に社員にオフィスに戻るようにと呼びかけています。SteelcaseのグローバルコミュニケーションのVPであるGaleMoutrey氏によると、恊働することで信頼関係は築かれ、信頼関係は企業の成功に不可欠な社員の労働
意欲を養うと述べています。