視聴:「オフィスの画一化」を拒絶しはじめたワーカー

視聴:「オフィスの画一化」を拒絶しはじめたワーカー

Christine Congdon, Editor of 360 & Director of Global Research Communications, discusses how standardizing workplaces for efficiency with a uniform approach limits the worker’s potential for inspiration, creativity, and social connections.

Sustainability Spotlight

Sustainability Spotlight

基本的にサステナビリティとは「人」がその中心にあります。人や社会が最大限の可能性を引き出せるような経済、社会的環境を整え、支援し、純粋な意味での長期的なウェルビーングの実現を目指すことです。

Live Well, Work Well

Live Well, Work Well

Coalesse(Steelcase のプレミアムブラン ド)はその徹底した調査を基に職場の中に どうウェルビーングを取り入れるかのヒント を提供しています。

職場のウェルビーングの向上

職場のウェルビーングの向上

先進的企業は社員のウェルビーングを向上させることで社員が健康的になり、医療コストを減らすことができるだけでなく、より生産的でよりクリエイティブ、そしてイノベーションを起こす土台をつくることができ、それが競争上の優位性につながることを認識しています。企業がウェルビーングに注目する中で、多くが目標に向かっての進捗状況を把握するための方法を模索したり、ヒントや評価基準を求めて他の企業の事例を参考にしようとしています。

ウェルビーングのソートスターター: アプリケーション コンセプト

ウェルビーングのソートスターター: アプリケーション コンセプト

私たちは研究調査によって導きだされた発見をもとに、人々の身体的、認知的、感情的ニーズを考慮しながら、刺激を与え、人の動きを促進する様々なレイアウトプランを開発しました。

ワークプレイスにおけるウェルビーングの6つの側面

ワークプレイスにおけるウェルビーングの6つの側面

ウェルビーングとは今日のビジネスでの競争優位の源泉ともいえます。それを達成するにはワーカーは心身共に健康であり、生産的で前向きな行動を起こすような感情能力が育つ環境の中で自分自身が成長しつづけることが要求されます。

包括的アプローチ:身体・心・環境

包括的アプローチ:身体・心・環境

企業が従業員のウェルビーングに取り組む際、多くの場合は身体的健康と人間工学からまず始めます。それは従業員の健康要素、例えば肥満、禁煙、運動などにフォーカスを当てることに加え、ケガを防ぐための人間工学にも目を向けます。

ウェルビーング文化を構築する

ウェルビーング文化を構築する

2014 年2 月末に定年で退任するSteel case のCEO であるJim Hackett 氏に、 今日のビジネスリーダーにとってのウェル ビーングについてインタビューしました。