ファストフォワード

後10年もすれば、かつてキッチンの壁に掛かっていたダイヤル式電話ように、今のあなたのオフィスも古臭く見えるだろう。今日の私達を取り巻く環境における変化の合図を注意深く分析し、Steelcaseの研究員はこれからたった10年後に起こり得るであろう仕事の仕方や場所についての7つの興味深いシナリオを考案した。ワクワクしようが身の引き締まる思いに駆られようが、これらは確実に、今日私達が経験しているものとは大きくかけ離れた未来についての見解をかき立てるものである。

ドバイの設計デザイン:バイオフィリアに注目

バイオフィリア(生命や自然への愛)という手法を職場環境に取り入れることに関して設計、インテリア、建築のエキスパートが集い、討論した。

再生する オフィス

自然を享受するために必ずしも屋外に出る必要はない。人間が自然と融和する4つの重要ポイントを考慮することによって、バイオフィリックデザインはその効果を模倣し、人間のウェルビーングを大幅に向上させる。

可能性の限界を広げる

テーブルトップが30分も経たないうちに制作できたら? Skylar TibbitsとJared Laucksの両氏が率いるMITのセルフアセンブリーラボでは、3Dプリントの可能性を定義し直し、今回、Steelcaseとのコラボで将来何が可能なのかを探った。

新・オフィス

発想豊かな高性能スペースとは
世界中の多くのワーカーは、個性のない画一化したオフィスを拒否し、何か抜本的に異なるものを求め始めている。大企業体質への反発はますます強くなるものの、その解決策は未だ明確ではない。

職場でのプライバシーを確保するための5つの方策

職場にもっとプライバシーをと考えているなら、プライバシーを確保するための下記の5つの方策がヒントになるはずだ。

学習効果を 高めるための 授業のあり方

あまりにも長い間、学生たちの成功とは単位を取得し、無事に卒業を迎えることだった。しかし、今までの古い規範はさらに広範囲にわたる個に重きを置いた視点にシフトしつつある。