ウェルビーング

Mackinac : あらゆる仕事の仕方に対応するデザイン

コンパクトなスペースでコラボレーション、集中、休息の全てをサポートする。

NeoCon

1日の仕事終わりに疲労で頭が働かないと感じたことはないだろうか。週の終わりには、もう全てのエネルギーを使い果たしてしまったと感じることがあるはずだ。クタクタになって帰宅し、そのままソファに倒れ込み、夕食はコンビニで済ますなんてことも。Steelcase の研究調査では、企業の経営トップやその下で働くチームが抱える職場でのストレスやプレッシャーは増加傾向にあり、その身体的、精神的、感情的ウェルビーイングに大きなダメージを与えることが分かった。

今日、多くの人が日々変化し続ける下記のような仕事環境の中で働いている:

  • 絶え間ない状況の変化 – ある課題から別の課題へ、マクロな視点からミクロの視点への移行
  • 大量の情報を管理、処理し、その関連性をフィルターにかける必要性
  • 「見える化」から「守る化」への移行 – 高度なプライバシーの必要性
  • 課題や時間帯を超えて分断されるスケジュールを調整
  • 高度にモバイルな動き方
  • 高い期待から生まれる高ストレス

Steelcaseの研究員たちは「より動きやすく、思考しやすく、気持ちよく働ける」にはどうしたら良いかをデザイナーと追求して生まれたのが、仕事環境をトータルで再創造する新たなソリューション、Mackinac (MAK-uh-nawと発音)だ。

「Mackinacの構想中、コンパクトなスペースの中でいかにコラボレーション、集中、休息の全てをサポートするかを考え続けていました。ある作業から別の作業に容易に移行できるようにしたい。激務な仕事と心身共の休息、そして、他者との繋がりとプライバシーという相反する要素をバランス よく備えた環境をつくりたいという私たちの思いの結晶です。」と語るのはSteelcaseのインダストリアルデザインマネージャーであるBill Bennie氏だ。

Mackinacには一連の「マイクロゾーン」が含まれている。個人ワークからグループワークに簡単に移行でき、小休止等一時的に作業から離れてひとりになれるプライバシーの提供だ。上下昇降付きカンチレバータイプの作業面とシェルフタワーは、その豊富な組み合わせで個室やオープンなスペースでの異なる仕事内容を適切にサポートできるよう設計されている。

幅広い働き方をサポート

個人作業から複数の人との作業への移行、作業を中断し小休止する際の動きもスムーズになるよう生み出された「マイクロゾーン」によって、次の作業の「場」を探すための時間も大きく削減出来る。(写真: 集中と休息のコンビ)

幅広い働き方をサポート

シェルフタワーは視覚的な間仕切りとしても機能するため集中力の低下を防ぎ、忙しい1日の中での小休止が配慮されている。 (写真 : 集中と休息のコンビ)

幅広い働き方をサポート

独自のカンチレバータイプのテーブルは省スペースを考慮したコンパクトな協働環境に最適。デザイナーの明確な意図のもと、通常足元の邪魔になるテーブル脚を排除したことでデザインもスッキリし、人の出入りもよりスムーズに。 (写真 : コラボレーション)

幅広い働き方をサポート

今日の経営トップは高い生産性を保ちながらも組織の中で見える存在であるべきだ。豊富で多彩な仕上げによってトップに相応しい上質で洗練された空間を演出できる。(写真 : 集中)

幅広い働き方をサポート

最大72インチの広さを持つカンチレバータイプの作業面は、オープンプランのオフィスでも軽やかな空間を創り出し、シェルフが自席での個性を表現するパーソナル化にも大きく貢献する。(写真 : 集中)

幅広い働き方をサポート

足元の煩わしいテーブル脚を排除したことで個人スペースをより広くし、他者とのコミュニケーションやコラボレーションも容易に。ディスプレイスシェルフはモノの収納に加えて、オープンオフィスの中での間仕切りとしても機能する。(写真 : 集中)

幅広い働き方をサポート

長時間にも及ぶ仕事や様々な要求への対応に迫られる今日。Mackinacは集中、コラボレーション、休息という間を容易に移動できるようナビゲートする。(写真 : 集中、休息)

幅広い働き方をサポート

経営トップは組織の中で見える存在でいる時と隠れる時を上手く切り替える必要がある中、 Mackinacは個室内での様々なレイアウト構成にも対応する。(写真 : 集中と休息)

幅広い働き方をサポート

様々な視覚的障壁による狭い空間での閉塞感や極度の恐怖を感じる人も多く、それがコラボレーションの弊害にもなっている。 Mackinacのシェルフタワーは、オープンなコラボレーション環境の中でも必要に応じて心理的及び視覚的プライバシーを確保できるよう設計されている。(写真 : 休息)

幅広い働き方をサポート

パーソナルなシェルフタワーは2段または3段でカスタマイズでき、収納棚としてもディスプレイ棚としても利用が可能。(写真 : 休息)


MACKINACを知ろう

インタラクティブなビジュアルツールでMackinacをもっと知ろう。

詳細を見る


 

コメントを残す

関連ストーリー

ハッピーでいられる「職場」:「家庭」から学ぶ

食卓テーブルの上を綺麗にしたり、散らかった汚れた靴下を片付けたりなど。職場における体験は「家庭」から学ぶことが多い。

1年に及ぶ「立って仕事」研究が上下昇降デスクの普及を促す

最近の「立って仕事」に関する研究によると、上下昇降デスクがワーカーの生産性や集中力を高めると同時にオフの時間での健康全般をも向上させるということが分かった。

新たな1日

働き方が進化する中、変化しなければならないのが「オフィス」だ。