ウェルビーング

五感を活用する

Office Renaissance

視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚といった五感を刺激するようにデザインされた職場環境は、従業員のウェルビーングを高める職場であることが実証された。

ある会社は職場に人間性を取り戻すために、そこで働く 人々の感性を重視する手法を採用している。Steelcase の販売代理店であるイタリアの Il Prisma である。同社 はLinkedInのミラノ、ミュンヘン、パリ、マドリード支社 のオフィスを設計するにあたり、ユーザー調査をベース にした五感重視のオフィスをデザインし、そこで働く人々 のエンゲージメントを高めることに成功している。「私た ちの調査や感性を引き出すデザインが人々の仕事に対 する意欲や集中力を高めていることが実証されたので す。」と語るのは Il Prisma の建築家 Elisabetta Pero 氏 である。その伴となるのは仕事中に人々の感性をオフで はなく、オンにすることだと言う。

優れた職場環境では、人間工学を配慮したチェアや高 さ調整可能なテーブル、屋外の風景へのアクセス、様々 なタイプの休憩エリアなど多様な要素が考慮されてい る。しかし、II Prismaはそこには何かもっと重要な要素 が欠けているのではないかと考えた。それは色、香り、 素材や仕上げの質感など、人間が外界を感知するため の五感(視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚)を刺激する ものであると Pero 氏は語る。

問題は、職場のデスク数や室温、光量、騒音量といった要素は測定可能だが、五感への影響を測定することはほぼ不可能と考えられていた。

そこで、Il Prisma の建築家たちは、長い間、美的直観 とされてきた質的要素を数量化すべきだと最終判断し、 オフィス内での人々の五感が脳科学的にどう影響するか を測定するために科学的調査に着手した。調査では、 脳波図(EEG スキャン)を使用して脳の電気的波動の 測定や視線追跡技術による眼の動きや角膜の拡張を検 出した。これらの計測によって、「注意を払う」、「集中 する」、「学習する」、「呼び起こす」、「単純である」、「落 ち着いている」(P140を参照)など、人々を仕事に向 かわせる心の状態がどう脳活動に影響するかを特定す ることができたのだ。

360 Magazine Issue 71 Office Renaissance
LinkedIn, Monaco

調査は2段階で構成された。第1段階では知覚観点から2種類の環境が用意され、比較調査が実施された。ひとつは画一的な照明の中に白い会議テーブルが設置された特徴のない会議室で、もうひとつは木製テーブルにデザインが違う3脚のウッドチェア、芳香性を持つ質感豊かなシダーウッドの書棚がある感覚重視の部屋である。自然界を生かした葉っぱ柄カーテン、書棚には果物が置かれ、背後にはブルーの照明が組み込まれている。調査被験者たちは2つのグループに分かれ、それぞれの部屋で問題解決のテストを受けるというものだ。

第2段階では、例えば、ブルーの張り地や異なるタイプの作業スペースを画像のみで見た場合の脳反応が、実際に質感を手で触ったり、実際の作業スペースに身を置いた場合と比較された。

多分、多くの人は感覚重視の部屋の方が特徴のない部 屋よりすべての活動に適していると思うかもしれないが、 それは少し違う。作業内容によっては複数の感覚が同 時に働くほうがマイナスであるという結果が出た。つま り、そこでどういう活動をするかでその効果は異なると いうことだ。「座って長い間何かを書くという行為には感 覚重視の部屋の方が適していますが、グループでの問 題解決には決して最適とはいえないのです。」と Pero 氏 は説明する。

感覚重視の部屋は、聞くことに重きを置くタスクでは成 果が高い。「記憶し、学習し、勉強するという活動には、 感覚重視の部屋の方が特徴のない部屋よりも、多くの 言葉を記憶、再生でき、その集中レベルもより高いの です。」と Pero 氏は言う。この調査結果では、ブルー やグリーンの色、ウッドや天然素材は脳をリラックスさ せ、心を落ち着かせる効果があることが分かった。

ll Prismaはかねてから人間主体のデザインを追求するた めに科学的測定を実施してみることに強い関心を持って いたが、この調査は当初に想定していた以上の成果を もたらした。「私たちは感覚重視のスペースをデザイン するために、必ずしもデータや数字だけで評価をするつ もりはありませんでした。ただ、個々人の仕事内容や嗜 好に応じたスペースをパーソナル化することの意味づけ が欲しかったのです。」


五感を生かしたLinkedInオフィス

LinkedIn ミラノ支社のオフィスでは、「変革」という全体 テーマを掲げ、イタリアでの特徴的な5つの場所の名前 (劇場、レストラン、仕立屋、ワイン貯蔵室、庭)を各 部屋の呼び名として採用している。各部屋は調査結果を 参考に、建築家が言うところの「感覚的文法」を当て はめ、そこが何をする部屋かを特定し、その内容に適し たように空間がデザインされている。

360 Magazine Issue 71 Office Renaissance
LinkedIn, Paris

例えば、「ワイン貯蔵室」はシダーウッドを使用した空間で、音楽を聞きながらグラスワインが飲める。この部屋は非常にプライベート重視のミーティングや、高い集中度が必要な際に最適のスペースとして位置づけられている。その一方、「仕立屋」は感覚的要素が弱く、問題解決のためのミーティングで使用されている。布地や金属などの多様な素材を使用しているが、過度な注意を引きつけるような装飾はない。バリエーションに富んだこれらの5つの部屋は、オフィスでの「スペースのエコシステム」という考え方をベースに相互につながり、仕事内容を的確にサポートする「場」で人々は仕事を最大限にこなすことが可能になる。

最終的に Il Prisma が実施した調査報告書は「現代の 人々は無菌状態の画一性よりは独自にカスタマイズされ た強い個性を働く場所に望んでいる。」と締めくくってい る。少なくとも全ての企業にとって大切なことは、人間 の感覚を考慮に入れることで、社員は作業内容に合わ せた「場」を選択しやすくなるということだろう。

Il Prisma は調査の全容を「Now We Work」と いうタイトルで書籍として出版し、ヨーロッ パの大学の学術的教科書としても採用されて いる。


心の状態

  • 注意を払う:人間は外部から入って来る刺激に敏感である。
  • 集中する:自分が会話している人、あるいは現在行っている作業に集中する。
  • 学習する:人間は過去の記憶をたどり、取得した情報を分類するが、注意力が活性化していると情報を知として分類せずに、新しい刺激として認識する。
  • 呼び起こす:人間は刺激を過去の経験と関連づけ、比較する。
  • 単純である:人間は刺激が伝えるものを容易に理解するが、神経が活発でない場合は認知力が疲労した状態になる。
  • 落ち着いている:リラックスした状態で、周囲とも上手くいっている状態。しかし、これがオフになると、抑制状態になり、意志決定が困難になる。

関連ストーリー

ファストフォワード

後10年もすれば、かつてキッチンの壁に掛かっていたダイヤル式電話ように、今のあなたのオフィスも古臭く見えるだろう。今日の私達を取り巻く環境における変化の合図を注意深く分析し、Steelcaseの研究員はこれからたった10年後に起こり得るであろう仕事の仕方や場所についての7つの興味深いシナリオを考案した。ワクワクしようが身の引き締まる思いに駆られようが、これらは確実に、今日私達が経験しているものとは大きくかけ離れた未来についての見解をかき立てるものである。

職場でのプライバシーを確保するための5つの方策

職場にもっとプライバシーをと考えているなら、プライバシーを確保するための下記の5つの方策がヒントになるはずだ。

学習効果を 高めるための 授業のあり方

あまりにも長い間、学生たちの成功とは単位を取得し、無事に卒業を迎えることだった。しかし、今までの古い規範はさらに広範囲にわたる個に重きを置いた視点にシフトしつつある。