コラボレーション + プライバシー

BASFのアジアパシフィック拠点のデザインを刷新

世界をリードするドイツの化学会社、BASFはアジアパシフィックの拠点である香港オフィスを新しい働き方に適応できるように再考し、そのデザインを一新しました。新たなスペースレイアウトでは多くの個室を削減し、常設および柔軟性のあるセッティングのスペースを見直し、不動産を最大限に有効活用しています。この変化を先導する経営陣は自らホットデスキングのセッティングに移行し、各フロアにはmedia:scapeテクノロジーを装備する部屋を設け、情報の共有化、イノベーションの助長、生産性の向上などコラボレーションを育成する環境が構築されています。また、RoomWizardというスペース予約システムを各スペースに設置し、ミーティングスペースの効率的な活用方法を実現しています。

関連ストーリー

新たなIQ の登場

新たなIQ の登場

「物理的スペースの果たす 役割は大きく、それは人の 行動様式をカタチづくり、 イノベーションが助長される “ステージ” を創ります。」 チームの中でそれぞれの経歴や価値観、そして働く場所が多様であればあるほど、よいアイディアが生まれるということです。

バランスを模索する: プライバシーを再考しながら コラボレーションを促進する

バランスを模索する: プライバシーを再考しながら コラボレーションを促進する

国際的なエネルギー企業、アブダビ国営エネルギー会社(TAQA)のフラッグシップ本部の創設にあたっての戦略意図は一言で言えば、アラビア語での「Majlis-マジュリス」、つまり「皆が集う場」という意味でした。

「チームの中の個」という考え方

「チームの中の個」という考え方

チームは、多彩な個性やスキル、ニーズを持つ個人の集合体である。その現場やオフィスでは、チームは個人のニーズにも対応しながらグループとしてのニーズが適切にサポートされて初めて最大のパフォーマンスを発揮できる。集団の中の個という存在だ。