ラウンジチェア

media:scape Collaborative Lounge System

by Steelcase

    お探しのページが見つかりませんでした。

    「働く」ことを念頭に様々な構成要素からなるワークラウンジは、人をつなぎ、コラボレーションの「場」を創出します。一人用フード付きmedia:scape(メディア:スケープ)ラウンジチェアは、フードで3方を囲み、オープンレイアウトの中での一人での集中、熟考、小休止のためのプライバシー空間を生み出します。

    イノベーションのためのオープンな「場」

    Tokyo Creative Spaces, Creative Spaces, Maker Commons, media:scape Lounge オープン画像ツールチップ

    チームの結束力を高める

    斬新なアイデアや複雑な問題解決、また、信頼ベースの人間関係の構築にコラボレーションは欠かせません。 media:scapeコラボレーションラウンジは、身体を動かし、姿勢を変えることで積極的かつ平等な会議への参加を促し、チームの活性化やアイデアの生成に貢献します。

    六角形の弧を描く配置は全体をまとめ、カジュアルな姿勢での快適で活発な会議への参加を助長します。ソファ背面のスタンディング高のカウンターは、通りすがりの同僚が立ち寄って会議に気軽に参加したり、雑談からアイデアが浮かぶ環境を創出します。

    media:scape Lounge, media:scape Table, Alight Round Ottoman, Enea Café Post Stool, Coalessse Lagunitas, Joyea, Customer Case Study オープン画像ツールチップ

    活発でダイナミックな対話

    今日、企業の中で個々が果たす役割や活動をスムーズかつダイナミックに切り替えられる環境を整えます。例えば、会話を膨らませる、確認する、相手の話に耳を傾けるなどです。media:scapeコラボレーションラウンジは、イノベーションに向けて活発に動きながらアイデアを試し、互いから学べる活気溢れるチーム文化を構築します。

    media:scape Lounge オープン画像ツールチップ

    どこからでもつながる

    media:scapeラウンジとビデオ会議システムとワイヤレス/プラグアンドプレイコンテンツ共有ツールを組み合わせて使用することで、どこからでも互いにつながり、コラボレーションできる環境を実現できます。シームレスなテクノロジー統合により、リモートコラボレーションは格段に容易になります。

    プライバシー

    media:scape Lounge with Hood オープン画像ツールチップ

    オープンな中でのプライバシー確保

    創造ワークには、活発なグループワークとひとりでの熟考や集中ワークのバランスを図ることが求められます。調査によると、外部からの邪魔を軽減するよう視覚的プライバシーを調整することで集中力は大幅に向上します。

    media:scape lounge with Hood, lounge seating, detail オープン画像ツールチップ

    囲むことでひとり時間

    集中、熟考、小休止という個での静かな時間をバランス良く切り替えることでウェルビーイングは向上します。リラックス姿勢は、脳の交感神経の働きを和らげ、緊張を緩ませ、それが問題解決につながることもあります。半密閉型のフード付きラウンジは、外部からの邪魔を防ぎながら集中し熟考できるプライバシーを提供します。

    media:scape Linear Lounge オープン画像ツールチップ

    プライバシーとゾーニングを提供

    media:scapeラウンジの背面に設置されるキャノピー(ひさし)は、カジュアルな雰囲気でのグループコラボレーションの際のプライバシーを提供すると同時に、オープンレイアウトの中でのスペースのゾーニングにも効果を発揮します。

    企業に合わせて
    カスタマイズ

    media:scapeシステムのモジュール性によって、組み合わせは無限大で、2〜6人の少人数チームが快適につながり、コラボレーションや対話ができる環境を創出できます。ひとりまたはふたり用のフード付きラウンジは、3方を囲むことで視覚的、音響的プライバシーを提供し、オープンな中での個での集中作業や小休止の時間を確保できます。また、張り地で演出することで企業ブランドやカルチャーを表現するアイテムとしても活躍します。

    サステナビリティ

    概要
    ライフサイクル
    LEEDへの貢献
    認証

    概要

    概要

    サステナビリティをデザインする

    Steelcaseは、最上のオフィス家具を提供する唯一の方法は環境を最も考慮した製品をデザインすることであると考えています。そのためにデザイン、製造、物流などの製品のライフサイクルのすべての工程において、人間と環境への影響を考慮し、より良いものを創る方法を常に探しています。

    詳細を見る

    22 %

    最大

    重量に対するリサイクル可能比率

    22 %

    最大

    リサイクル材使用率

    ライフサイクル

    ライフサイクル

    材料

    22%までリサイクル材を使用

    PVCフリー

    製造

    廃棄物、エネルギー消費、環境への影響を最小限に抑えて製造されるように設計されています。

    ISO9001の認証を取得した中国の工場で製造されています。
    粉体塗装は実質的にVOCや重金属を含みません。

    輸送

    輸送に係るエネルギー使用量削減のために、梱包量を少なくし積載効率を向上させます。

    包装に使用される段ボールとLDPEプラスチックフィルムは100%リサイクル可能です。

    使用

    製品寿命の長期化を念頭に設計されています。

    環境プロフィールと認証を見る

    LEEDへの貢献

    LEEDへの貢献

    Steelcaseは米国グリーンビルディング協会(USGBC)のLEED認証システムの規格基準に従って製品を開発するように努めています:

    • LEEDビルディングデザイン+ 建築施工 (BD&C)
    • LEED内装 + 施工 (ID&C)
    • LEED運営 + メンテナンス (O&M)

    LEED認証を要求するお客様が、材料と資源、室内環境の品質と革新性(人間工学やサステナビリティに関するトレーニング、製品の革新性)のカテゴリーにおいて、LEED基準に貢献できる製品とプログラムを特定できるよう体制を整備しています。

    USGBCとその認証パートナーであるGBCIは個別に各プロジェクトを評価するので、LEED認証を取得するために私たちの製品が果たす役割はそれぞれのプロジェクトによって異なります。

    環境プロフィールと認証を見る

    認証

    認証

    認証は環境的に持続可能なプロジェクトを選ぶ際の参考になります。media:scapeは下記の認証を取得しています。

    AFRDIグリーンティック

    レベルA –プラチナ

    ANSI / BIFMA認定

    ANSI / BIFMA X5.4ラウンジチェア
    ANSI / BIFMA X5.5デスクとテーブル
    ANSI / BIFMA X5.6パネルシステム

    SCS Indoor Advantage™ ゴールド

    SCSIAQゴールド

    環境プロフィールと認証を見る

    仕様

    グローバルな販売地域

    グローバルな販売地域

    グローバルな販売地域


    この製品は次の地域で購入が可能です:

    • 中央アメリカ
    • アジアパシフィック
    • 南アメリカ
    • アメリカ
    あなたの地域では製品が購入できませんか?

    あなたの地域で販売されていない製品を購入したい場合には、地域の公認ディーラーにお問い合わせください。

    地域の販売代理店を探す