Brody WorkLounge
Brody WorkLounge
Brody WorkLounge
Brody WorkLounge
Brody WorkLounge

人間の「脳」と「身体」を支えるBrody WorkLounge(ブロディ・ワークラウンジ)がいよいよ日本でも発売されます。

特長

「身体」を支える
「脳」を支える
「ビジネス」を支える
「キャンパス」を支える

「身体」を支える

「身体」を支える

「身体」を支える

Brody WorkLoungeが目指したものはコンフォートとサポート力が共存する究極のラウンジチェア。特許取得済みLiveLumbar™ (ライブ・ランバー)テクノロジーによって、人間工学的視点からラウンジ姿勢をしっかりとサポートします。付帯する調節可能ワークサーフェスは携帯デバイスを目の高さに保ち、首や肩への負荷を軽減します。

「脳」を支える

「脳」を支える

「脳」を支える

今日のワーカーや学生の最大の課題はいかに「集中力」を維持するかということです。調査によると、平均的ワーカーは11分毎に仕事を中断され、元の状態に戻るには23分を要すると言います。

ブロディ・ワークラウンジ:

  • シェルター機能で外部からの邪魔を最小限にする
  • プライバシーを確保する
  • 心理的安心感を提供する

「ビジネス」を支える

「ビジネス」を支える

「ビジネス」を支える

Brody WorkLoungeの省スペース設計と高いパフォーマンス力は企業の不動産を最大限に有効活用し、

アンクレイブ(隠れ家のような集中用スペース)に代わるスマートなソリューションとして、オフィスのデッドスペースを心地よい集中と休息の「場」へと変換します。

「キャンパス」を支える

「キャンパス」を支える

「キャンパス」を支える

Brody WorkLoungeの省スペース設計とその高いパフォーマンス力は、学校、専門学校、大学などの教育施設の保有不動産を最大限に有効活用し、学習が加速する空間を創出します。また、移動可能なそのモジュラー構造は非効率な図書館や活用されていないデッドスペースを、人を魅了する「場」へと変換します。

インサイト

典型的なラウンジチェア
真の「コンフォート」
「仕事」+「学習」を考慮
「集中力」を追求

典型的なラウンジチェア

典型的なラウンジチェア

既存のラウンジチェアは「働く・学ぶ」ためではなく、基本的にロビーなどの待ち合いエリアを念頭にデザインされています。

真の「コンフォート」

真の「コンフォート」

ほとんどのラウンジエリアは快適そうに見えて、真の快適性=コンフォートを実現する人間工学的配慮はされていないものがほとんどです。

「仕事」+「学習」を考慮

「仕事」+「学習」を考慮

今日、チェアには座る以上のものが求められています。つまり、仕事や学習に「集中」できるツールです。それには資料や携帯デバイスを適切に配置できるサーフェスなどの付帯サポートも含まれます。

「集中力」を追求

「集中力」を追求

今日のオフィスや大学の学習環境はあまりにもオープンで気を取られるものが多く、視覚的刺激を排除できる工夫に欠けています。

仕様

受賞歴

受賞歴

受賞歴

オフィス

2015年

プロダクト・イノベーション・アワード

大賞

教育・学習環境

ヒップ・アワード

Granter: Interior Design誌主催

ベスト・オブ・ネオコン

ゴールド
カテゴリー: 教育ソリューションズ

資料とサポート

日本スチールケース株式会社  +81 3 3448 9611