職場における「創造性」が注目を集めつつあります。
仕事で最も「創造性」を発揮している国は?

イノベーションに向けての絶え間ない市場競争や自動化が進展する中、ビジネス上極めて重要な差別化要因として捉えられるようになったのが「創造性」です。そして、業種や国を問わず、創造的思考や問題解決スキルへの必要性が高まっています。しかし、果たして従業員自身は日常の業務の中でそれをどう感じているのでしょうか。

Steelcaseは世界6大経済圏の従業員約5,000人を対象に、「創造性」についての意識や考え方の実態を調査しました。

貴方の仕事でどのくらいの頻度で「創造性」が求められているか?

毎日
週1ベース
月1ベース
要求されない

毎日

毎日

週1ベース

週1ベース

月1ベース

月1ベース

要求されない

要求されない

貴方の仕事で現状より「創造性」を発揮したいと思うか?

少なく
同レベル
多く

少なく

少なく

同レベル

同レベル

多く

多く

職場で「創造性」を推進する要素は何だと思うか?

スペイン
ドイツ
フランス
英国
米国
日本

スペイン

スペイン

ドイツ

ドイツ

フランス

フランス

英国

英国

米国

米国

日本

日本

レポートをダウンロードする

Steelcase Creativity at Work レポートは、職場における従業員の「創造性」に対する意識を調査、解説しています。この調査結果は「創造性」に対する意味、個々の創造スキルや志向、そして、創造性への障壁について従業員がどのように感じているかについての独自のインサイトを提供しています。