イノベーション

『シリコンバレー』のセットの舞台裏

Steelcaseとturnstone、Coalesseは、『シリコンバレー』に、そこで働く登場人物たちのための空間のエコシステムを提供した。

スタートアップのテクノロジー企業が成長を目指すドラマ『シリコンバレー』は、現在シーズン4が放送中だ。シリーズの主要人物たちの何人かは、新たなワークプレイスを試してみる機会を手にしている。これはこのシーズンの展開における重要なキーワードであり、装飾スタッフのDavid Cook氏は、これをきっちりと実行することを決意した。

現実のシリコンバレーを含む世界中のワークプレイスの調査を経て、装飾スタッフのDavid Cook氏はこう語る。「洗練されていて新しく、すっきりとモダンなセットにしたいと思った。ありふれた感じにはしたくなかった。人物たちのキャラクターを反映したものでなくてはならなかった——強くて、同時に親近感が持てるような。」

ぴったりくるものを探していた時、David氏はSteelcaseの Elective Elements に出会った。ナチュラル・ウッド仕上げのこのモジュール・コレクションは、彼の求めていたバリエーションと同時に、居住空間のような外観と雰囲気も叶えられるように思えた。彼はSteelcaseのデザイナーに連絡を取り、そうして新たな空間の撮影のため、迫りくるドラマの撮影日程に向けた猛ダッシュが開始された。

SteelcaseturnstoneCoalesse が協力し、『シリコンバレー』に、そこで働く登場人物であるLaurie、Monica、Erlichのために設計された空間のエコシステムを提供した。役柄と性格を考えると、 個別のワークスペース が必要な3人だった。いかにしてデザインがコンセプトから撮影された形になったかを見せるために、以下のフォトギャラリーを紹介する。

『シリコンバレー』 は、アメリカ東部標準時間午後10時から、HBOチャンネルにて放映中。装飾スタッフのDavid Cook氏の空間に関する構想や、登場人物たちにとって空間がいかに重要かについての詳細は、 「Q&A:Steelcase、HBOの『シリコンバレー』に協力」をご覧ください。

コメントを残す

関連ストーリー

ウェルビーイング:2020年のオフィスデザインの主要要素

ウェルビーイング:2020年のオフィスデザインの主要要素

Steelcase Global Design Studioが予想する2020年に注目されるであろうオフィスデザインの5項目

アジャイルチームの1日

アジャイルチームの1日

「アジャイル」カルチャーを育むことを念頭に設計されたチームの1日の活動を追った。そのスペースは「アジャイル」なチームカルチャーを育み、皆がスピーディに動き、新しいアイデアを試し、実行し、顧客につながることを念頭にデザインされていた。

「チームの中の個」という考え方

「チームの中の個」という考え方

チームは、多彩な個性やスキル、ニーズを持つ個人の集合体である。その現場やオフィスでは、チームは個人のニーズにも対応しながらグループとしてのニーズが適切にサポートされて初めて最大のパフォーマンスを発揮できる。集団の中の個という存在だ。