Steelcaseメルボルン支社、Hubオーストラリアと コ・ワーキングスペースでコラボ

2016年10月24日、Steelcaseのメルボルン支社は、オーストラリア最大のコ・ワーキングスペースを主催するHubオーストラリアがメルボルンの中心に構えるハブ・サザン・クロスにWorkLifeライブショールームを移転しました。この移転およびHubオーストラリアとのコラボは、Steelcaseの専門知識とその先進的アイデアを核にした仕事と生活を融合する活気ある仕事空間の創造への啓蒙をさらに加速させることになります。

今日の職場環境は社員のウェルビーングや個としての成長を軽視した機能的な効率性から、より社会的つながりや交流、創造的なコラボレーションや活力の回復といった要素を重要視したスペースづくりへと進化しています。Steelcaseはこのコ・ワーキングスペースに移転することで、現在や将来に向けての個人や企業のニーズを満たす様々なソリューションベースの「場」の提供が可能になります。

<span class=""ハブ・サザンクロスでは、Steelcaseの先進的なアプローチと家具を採用し、700名まで収容できる多種多様なワークスペース空間を提供しています。Steelcaseの家具はタスクチェアから、グローバルなコミュニケーションを可能にするmedia:scapeチームスタジオや多様なコラボレーション製品などが含まれます。

移転後のSteelcaseのメルボルン支社は、さまざまな業種の創立まもないスタートアップ企業から、組織が成長しつづける中小企業まで広範囲におよぶ企業への直接的な提案を積極的に行っています。伝統的なオフィスとは対照的に、ハブ・サザンクロスでは、ホットデスキング、個人専用スペース、チームスペース、個室やカスタマイズスペースなど1名から20名まで収容できる様々なワークスペースに加え、カジュアルにもフォーマルにも対応できるミーティングスペース、カフェ、ジム、リラクゼーションスペース、ギャラリーなどの第三の場所と呼ばれるスペースも備えています。

ハブ・サザンクロスは、メルボルンのセントラルビジネス地区の中心に位置する築100年を超えるメールエクスチェンジビルの2階と3階を占有し、その伝統ある建物に新しい息吹を吹き込んでいます。このスペースはHubのコ・ワーキングスペースの知識と数々の国際的デザイン賞を受賞しているデザイン会社、HASSELL社とSteelcaseのインサイトとソリューションが融合したスペースとして高く評価されています。

ハブ・サザンクロスの住所は696 Bourke Street、Melbourne、Victoriaです。