新型コロナウイルスの世界的流行によって、私たちの暮らし方や働き方、学び方が根本から変わりつつあります。仕事の価値観、意識が一変する中で、これまでの建物やオフィスに関する基準や概念も抜本的に見直されなければなりません。今、ようやく当社が長年研究し続けたことが活かされ、働く「人」がより豊かに働ける「場」の実現が本格的に動き出そうとしています。

基本となる4つのスペースタイプ

新たな設計デザイン基準

新たな設計デザイン基準を考慮することで、企業は現在と将来のニーズに対応しながら従業員がより豊かに働く環境を構築できます。

詳細はこちら

Work Betterオープン画像ツールチップ

360研究レポート

世界中を席巻したコロナ危機の貴重な教訓は、人々に多くの学びをもたらしました。人によってその意識や価値観は異なるものの、働き方や仕事観は確実に変化しています。企業が成長し続けるには、まずは従業員が真に必要とし、望む5つの要素を理解することから始めなければなりません。今こそ、企業は根本から働く環境を見直し、従業員が「より豊かに働ける」環境づくりに注力すべきです。

研究レポートを読む

21-0155761オープン画像ツールチップ

プランニングアイデア

レイアウトや家具構成に関しての さらなるアイデアやヒントは 下記をご参照ください。

アイデアコレクションを見る