創造性

Steelcaseと照明ブランドFLOSが新たな関係を発表

両社の新たな関係によって斬新で精巧な照明プロダクトを幅広いターゲットに向けて販売開始

今日、働く多くの人が極度のストレス下に置かれており (Rand研究所による調査) )、仕事への意欲が高い従業員は画一的なオフィスの外に働く「場」を求めていることがわかっている (Gallupによる調査))。その一方で、企業は社内でのコラボレーションを強化するために従業員をオフィスに引き戻しているという現実もある (NPR, ウォールストリート紙) 。 イノベーションと創造性が牽引力となって、企業は創造ワークを触発しそれをサポートする「場」づくりを推進しようとしている。本日、Steelcaseは、職場環境をより魅力的な「場」にすることの一貫として、照明の世界的トップブランドであるFLOSとの新たな提携を発表した。

今日、働く「場」において人々が望んでいるものは今のオフィスにはない。求められているのは今日の新たな働き方をサポートすることに加えて、人間の感性を刺激し心地よいと思わせる「場」である。最善の仕事を遂行させるための人間工学やテクノロジーはもちろんのこと、雰囲気を高めるホームのような要素だ。機能を妥協せずにデザイン性や素材にこだわった空間づくりは人間に新たな視点を与え、創造性を加速させていく。

「FLOSは、その精巧につくりあげた照明ソリューションで刺激的かつ魅力的な職場環境づくりに貢献しています。今回の同社との新たな関係構築は、建築家やデザイナー、顧客の皆様のデザインへの選択肢の幅を広げ、グローバルに展開する当社の販売網で多くの方々に製品をお届けできることになります。」と語るのはSteelcaseのグローバルマーケティング担当副社長のAllan Smith氏だ。

Inspiring Spaces

照明は仕事の効率はもちろん、心理的側面でも大きな役割を担っている。スペースに照明を統合することで集中やコラボレーション、休息等の異なるタイプの仕事を適切にサポートできるからだ。また、空間に風合いや色合いを加え、よりホームに近い快適なスペースへと転換できるというのも照明の力だ。

Steelcaseはペンダントライト、シーリング/壁付けライト、テーブル/フロアランプを含む FLOS 照明のデコラティブ系のコレクションを2017年11月より北米全土で販売予定だ。1962年、Sergio Gandini氏によってイタリア、メラノで創業されたFLOSは、照明トップブランドで多くの新進喜悦のデザイナーとのコラボに積極的で、現在はホーム、商業施設用にオーダーメイドプロダクトも提供している。更に、世界中のデザインギャラリーや美術館にて作品が常設されている。

「私たちは世界をリードするオフィス家具ブランドであるSteelcaseと連携することで、オフィス環境での新たなニーズに貢献できると同時に、北米での同社の販売網を使って幅広い方々に弊社の製品をお届けできることを大変喜ばしく思っております。」と語るのはFLOS USAのCEOであるJack Schreur氏だ。

Steelcaseは世界中の思想家や企業組織と多業種にわたるパートナーネットワークを構築している。これらのパートナーとの関係構築は、当社が提供する商品ラインをより魅力あるものに、そしてその選択肢を広げることで社内の継続的学習を実現すると同時にお客様に対しても高い価値を提供することになる。FLOSとの提携は数ある中の直近の提携ブランドになる。

コメントを残す

関連ストーリー

協調に向けた対話とデザイン

協調に向けた対話とデザイン

メルボルンデザインウィークのアート&トークシリーズをSteelcaseが主催。

TED版SILQチェアコンテスト受賞者が語る音楽ストーリー

TED版SILQチェアコンテスト受賞者が語る音楽ストーリー

TED限定版SILQチェアコンテストに受賞したSpotifyのAngie Romero氏が語る、クリエイティブなマインドに自分を解き放つ方法。

SteelcaseとMicrosoft : 「創造性」のギャップを埋める

SteelcaseとMicrosoft : 「創造性」のギャップを埋める

ミュンヘンのイベントで職場環境とテクノロジーが人間に秘められた「創造性」をどう高めるかに注目が集まる。