働く人を奮い立たせるスペースはオフィスを活性化させる

今、仕事場としてのオフィスによりカジュアルで本物の空間を求める動きがある。これにはミレニアム世代の若者だけではなく、あらゆる世代の人々が含まれている。働く人々を奮い立たせるブレイクアウトスペースが、包括的なウェルビーングの向上にも貢献し、従業員エンゲージメントを高めていく。

RichlandカレッジのSteelcase LearnLab™

この実現のために、同大学はSteelcaseを訪問し、LearnLabを体感し、革新的な教室デザインの可能性に魅了されました。これからの先端的な学習戦略をさらに推進するには、この研究調査に基づいた家具とテクノロジーが統合された教室スペースが重要なツールになることを改めて確信しました。

Vodafone: ハロー・アムステルダム

新たな企業文化とワーク環境への移行を周到に準備する. 多くの企業がグローバル化やモバイル化に対応し、コラボレーションワークを容易にするビジネスモデルを適応しようとやっきになっています

スペースオデッセイー「新たな文化」への旅

ニューエコノミーの出現、急速なモバイル化、テクノロジーの劇的な進化、世界中を渦に巻き込んだ経済危機など、多くの企業経営者はこの変化にどう対応できるかを真剣に模索しています。Steelcaseはこのようなビジネス環境の中で、「人」、「文化」、「プロセス」を融合しながら、スペースを通して企業文化を変革するという大きな課題に挑戦しました。私たちの新たな文化への旅の詳細をお読みください。

距離的制約をなくす

今日の経済活動において、分散型チームが新たなスタンダードとして定着する中、距離が障害となって成果が上がるチームが出来ないというわけにはいきません。しかし、それがもたらす問題も徐々に明らかになってきています。

新たな「座る体験」 の評価テスト: Gesture

GestureはSteelcaseのグローバルな研究調査と、人々がこの急速に変化しているビジネス環境の中でどのように仕事をしているのかに関する調査結果とその発見に基づいて開発されています。知識労働者は1日を通じて頻繁に姿勢を変えます。

イノベーションを起こす「場=ワークプレイス」の創造

イノベーションが組織を活性化し、企業を成長させる原動力であることはほとんどの人の一致する意見です。「場」であるワークプレイスはまさにそれを実現できる環境を創りだすことができるのです。

バランスを模索する: プライバシーを再考しながら コラボレーションを促進する

国際的なエネルギー企業、アブダビ国営エネルギー会社(TAQA)のフラッグシップ本部の創設にあたっての戦略意図は一言で言えば、アラビア語での「Majlis-マジュリス」、つまり「皆が集う場」という意味でした。