「チームの中の個」という考え方

「チームの中の個」という考え方

チームは、多彩な個性やスキル、ニーズを持つ個人の集合体である。その現場やオフィスでは、チームは個人のニーズにも対応しながらグループとしてのニーズが適切にサポートされて初めて最大のパフォーマンスを発揮できる。集団の中の個という存在だ。

驚きと感動

驚きと感動

かつて製品の差別化要因であった耐久性、サステナビリティ、人間工学、選択肢といった要素は今、標準製品の基本要素になっている。そこに新たに何かを付帯できるとしたら、それはユーザーさえも予想できない方法でユーザー体験を向上させる製品の個性やクラフト感だとCoalesseのデザイナーは考える。

自分の仕事は果たして重要か?

自分の仕事は果たして重要か?

組織心理学者でTEDのWorkLifeポッドキャストの常連であるAdam Grant氏は、「真の信頼を築きたいとしたら、その時間は決して楽しくはないはずだ。」と言う。何故なら現代版チームは今までのように単純で労力が伴わない課題ではなく、複雑かつ重要、解決困難な課題に対して密接な連携体制で取り組まなければならないからだ。

オフィス機能を高める

オフィス機能を高める

革新的な新素材、Celliantは、天然鉱物を埋め込んだ特殊な機能繊維で血流を増加させ細胞へより多くの酸素を促す効果があることが立証されている。それによって疲れを改善し、機敏さと元気を取り戻すことにも貢献すると言われている。この見解を実証するためにDesigntexは非臨床試験を犬でも実施した。

ファストフォワード

ファストフォワード

後10年もすれば、かつてキッチンの壁に掛かっていたダイヤル式電話ように、今のあなたのオフィスも古臭く見えるだろう。今日の私達を取り巻く環境における変化の合図を注意深く分析し、Steelcaseの研究員はこれからたった10年後に起こり得るであろう仕事の仕方や場所についての7つの興味深いシナリオを考案した。ワクワクしようが身の引き締まる思いに駆られようが、これらは確実に、今日私達が経験しているものとは大きくかけ離れた未来についての見解をかき立てるものである。