ウェルビーイングの6つの側面: 在宅勤務の際の検討事項 Open image tooltip

ウェルビーイングの6つの側面: 在宅勤務の際の検討事項

健康的かつ意欲的に働きながら成果を生み出す環境づくりは、まずは個人やチームの現状のニーズを把握し、バランスよく実践するためにどう環境を調整すべきかを考えることから始まる。

「人間らしさ」溢れるこれからのオフィス

「人間らしさ」溢れるこれからのオフィス

あるがままの自分でいられる職場を望まない人はいない。社会的混乱によってプライベートな世界の中に仕事を持ち込まざるを得ない状況を経験している。

在宅勤務をする際の決めごと

在宅勤務をする際の決めごと

テレワークに必要となるのは新たなルール。ネットとリアル、仕事とプライベートのメリハリをきちんと決めて管理する方法を学ぶことで注意散漫を回避できる。

距離の障壁を打ち破る

距離の障壁を打ち破る

出張自粛や移動制限がかかる中、分散型チームの緊急課題はいかにテクノロジーを活用してその距離の壁を克服できるスペースをつくるかにある。

自宅から働く:直面する問題

自宅から働く:直面する問題

世界各国でテレワーク導入や在宅勤務が一気に広がっている。中国、ドイツ、アメリカのワーカーの実践方法から学ぼう。

オンライン学習の実践から学ぶ

オンライン学習の実践から学ぶ

教育において対面式授業に代わるものはない。その中で多くの教育現場ではいかに生徒の意欲を掻き立てながら自宅でオンライン学習できるかを模索している。