アクティブラーニングセンターで、教育の変革に挑む。

教室のあり方を再考した12の教育機関による調査で、アクティブラーニングセンターの新設がコラボレーションを促進し、他の前向きな成果を生み出すと共に教員主導型教授法の変革につながったことが明らかになった。

テクノロジーは教育をどう変えるのか

スタンフォード大学教授が2011年に人口知能に 関する無料のオンライン講座を開始したら、たち まち190 カ国から16 万もの学生からの応募が あり、かなりの注目を浴びたことがあります。

学習効果を 高めるための 授業のあり方

あまりにも長い間、学生たちの成功とは単位を取得し、無事に卒業を迎えることだった。しかし、今までの古い規範はさらに広範囲にわたる個に重きを置いた視点にシフトしつつある。

近未来のための新ツール

インドは長い間、国家発展に不可欠な要素として、子供たちの教育変革という大胆な目標に向かって取り組んでいる。しかし、教室での生徒たちの学習意欲の低さや落ちこぼれ率の高さといった問題で未だ苦戦しているのが現状だ。

大学の講義ホールを変革する

The LearnLab was the first of the two spaces to be created and it helped pave the way for the AHA! space, but it faced an initial challenge: UF’s need — as at all institutions of higher education — to hold down the amount of real estate allocated per student.

教室での学生の「注意力」を向上させる

21世紀の社会人の基礎力とスキルを身につけ させるために今の大学に必要なのは学生が学 習に集中できる環境である。最新の研究からそ の対策を探る。

教員を教育する

イスラエルのオハロ教員養成大学では新たにアクティブラーニング教室やその学習法を導入し、スペース、教授法、テクノロジーへの画期的なアプローチのもとに新世代の教員を養成している。

ラーニングカーブ

アクティブラーニングは決して1人での静かな時間を必要としていないということではないということです。それどころか、実際には学習がコラボレーション寄りになればなるほど、1人で集中する「場」の必要性がでてくるということです。

反転授業

授業を反転させることは教員たちが授業の手順や教授法を再考することにもつながります。講義が動画になることで、授業は生徒と先生、そして生徒同士のコラボレーションに時間を割くことができます