オフィスに遊びを取り入れる

可動性は働き方を柔軟にしました。ある人たちはコミュニティとしてのオフィスはいらないと感じ、オフィスそのものが過大評価されていると思う人も世の中には少なくはありません。

「起業文化」に火をつける

スタートアップ企業はその情熱と企業としての透明性がある特殊な「起業文化」というものを築き上げている。「起業文化」を起こし、企業として再生することは果たして可能なのだろうか? ここにいくつかのヒントがある。

GROOVEの挑戦

Groove のほとんどの作業は基本的にコラボレーションが多く、新スペースの多くがコ・クリエーション(共創造)とブレスト用にデザインされました。「ピット」と呼ばれるエリアはオープンなコラボレーションスペースとして機能し、チームを一つにする様々な仕掛けが考えられています。