「データプライバシー・バイ・ デザイン」という設計思想

世界がつながることでイノベーションが生まれる。収集されるデータが責任ある形で管理、分析されなければ、そのことからもたらされる成長や繁栄といった真の意味での恩恵は難しい。

回復力のある不動産: 適応力がある システムとしての 「スペース」

不安定な状況において、企業として繁栄するための新たな模索が始まっています。適応力があるシステムとしての不動産をテコにして回復力のある組織を目指すとはどういうことなのかを解説します。

成長のジレンマ

インドや中国のような成長市場では、企業がバ リューチェーン(価値連鎖)を向上させたことで 仕事の質が変化している。人材不足や継続的な 変化という課題を抱える中、有能な人材を保持 するために従業員のウェルビーングを向上させ る柔軟性が高く、復興力のあるワークスペース づくりが不可欠になる。