職場で身体を動かす

職場で身体を動かす

座ることは必ずしも身体に有害というわけではありません。問題は身体を動かさず、立ったり歩いたりすることもなく、長時間悪い姿勢で座っていることが身体に悪影響を及ぼし、仕事での生産性が低下する可能性があるということです。

ヒューマンテクノロジーをデザイ ンする

ヒューマンテクノロジーをデザイ ンする

Allison Arieff はDwell 誌の元編集者。都 市計画や政策立案を提言する研究機関、 SPUR の創設シニアエディター兼ストラテジス トでありながら、NY タイムズ誌などの定期的 な寄稿者でもある。今回、Steelcase のグロ ーバル本社を訪問し、ワークプレイスにおけ る人間とテクノロジーの間にある緊張、障害 を緩和することを目的に開発された新たな製 品ソリューション群を取材しました。

包括的アプローチ:身体・心・環境

包括的アプローチ:身体・心・環境

企業が従業員のウェルビーングに取り組む際、多くの場合は身体的健康と人間工学からまず始めます。それは従業員の健康要素、例えば肥満、禁煙、運動などにフォーカスを当てることに加え、ケガを防ぐための人間工学にも目を向けます。

進化するワークプレイスにおける姿勢

進化するワークプレイスにおける姿勢

テクノロジーやトレンドがワークプロセスを大きく変化させている中、姿勢への影響を理解することは極めて重要です。それは職場におけるより安全、快適、効果的な働き方を推進することにもつながります。

PCを超えて: 進化する アームレストサポート

PCを超えて: 進化する アームレストサポート

働き方が根本から変化する際に重要になってくるのが、人間工学的サポートが適切かどうかを再検証することです。タブレットやスマホなどタッチ操作テクノロジーに代表されるような新たなトレンドが仕事場に登場するとそこで働く人々の健康やウェルビーングに関して新たな課題が持ち上がってきます。

新たな「座る体験」 の評価テスト: Gesture

新たな「座る体験」 の評価テスト: Gesture

GestureはSteelcaseのグローバルな研究調査と、人々がこの急速に変化しているビジネス環境の中でどのように仕事をしているのかに関する調査結果とその発見に基づいて開発されています。知識労働者は1日を通じて頻繁に姿勢を変えます。