創造力に富んだAIは余剰なデザイナーを不要にするのか?

SteelcaseのデザインダイレクターであるMichael Held氏は、何故AIがデザイナー達の脅威ではなく、寧ろ機会であるかについて彼の見解を示した。

少ないモノで、多くを成し遂げる

制約や回避策は避けがたい現実である。 苛立ちの要因にもなるが、考え方によっては創造的な問題解決と独創的なアイデアにつながる。

クリエイティブ・シフト

創造型ワークへのシフト。これは10年ほど前までは簡単に無視された予測だ。 今、ようやくその時代が到来し、職場環境も進化しなければならない時に来ている。SteelcaseとテクノロジーリーダーのMicrosoftは、企業が成長するために欠かせない創造型ワークへのシフトを実現するためのスペースを共同で開発することで提携した。今号ではその取り組みを紹介する。

トレンド 360

ロボット、人工知能(AI)、自動化の進展によって、多くの仕事が変わろうとしている。将来、現存の職業のいくつかが消えることは避けられないが、歴史を振り返れば、その多くが社会に良い変化をもたらしていることも事実だ。

可能性の限界を広げる

テーブルトップが30分も経たないうちに制作できたら? Skylar TibbitsとJared Laucksの両氏が率いるMITのセルフアセンブリーラボでは、3Dプリントの可能性を定義し直し、今回、Steelcaseとのコラボで将来何が可能なのかを探った。