「起業文化」に火をつける

「起業文化」に火をつける

スタートアップ企業はその情熱と企業としての透明性がある特殊な「起業文化」というものを築き上げている。「起業文化」を起こし、企業として再生することは果たして可能なのだろうか? ここにいくつかのヒントがある。

「人」+「目的」をつなぐ

「人」+「目的」をつなぐ

従業員の労働意欲は企業の礎石である。しかし、働く現場が組織の目的に合致しないがゆえに従業員の労働意欲につながらないという。Steelcase のARC部門は企業のスペース、ワークプロセス、テクノロジーを統合し、企業の目的を日々のワーク体験に組み入れる戦略を提案している。

スペースオデッセイー「新たな文化」への旅

スペースオデッセイー「新たな文化」への旅

ニューエコノミーの出現、急速なモバイル化、テクノロジーの劇的な進化、世界中を渦に巻き込んだ経済危機など、多くの企業経営者はこの変化にどう対応できるかを真剣に模索しています。Steelcaseはこのようなビジネス環境の中で、「人」、「文化」、「プロセス」を融合しながら、スペースを通して企業文化を変革するという大きな課題に挑戦しました。私たちの新たな文化への旅の詳細をお読みください。

オフィス文化を進展させる

オフィス文化を進展させる

ヒップなオフィスを持つオフィス文化は社員の士気や生産性、会社に対する忠誠心を確実に高めるものです。しかし、実際にその効果は実証されているのでしょうか? それを実証するストーリーをここに紹介します。

GROOVEの挑戦

GROOVEの挑戦

Groove のほとんどの作業は基本的にコラボレーションが多く、新スペースの多くがコ・クリエーション(共創造)とブレスト用にデザインされました。「ピット」と呼ばれるエリアはオープンなコラボレーションスペースとして機能し、チームを一つにする様々な仕掛けが考えられています。