イノベーションに向けての7 つの習慣

Steelcase の新しいイノベーションセンターへの移転を前に、 その組織横断型チームは移転する社員のためのマニフェスト を作成しました。 目的:洞察をイノベーションへと加速させる

Q + A インタビュー

回復力がある組織は未来の一つのプランに固執しません。あくまでも身が軽く、共同で何かをこなし、俊敏でもあるのです。変化の最中にただ生き残ることだけを考えているのではなく、どうやったら繁栄するかを常に考えています。

ワークホスピタリティ

Workspring への来訪者 シカゴの歴史あるインランドスチールビルの4 階に位置し たWorkspring という名のオフィススペースは従来のオフ ィスという考え方を一新させる考え方を提案しています。

オフィス・ルネッサンス

グローバルレベルでの文化的運動が企業に職場環境の再考を促している。それは効率重視から身体的、認知的、情緒的側面から従業員ウェルビーングを高める多元的手法へのシフトである。世界的な人材獲得競争の中で、従業員エンゲージメントの向上やよりカジュアルで刺激的なオフィススペースへの移行が求められている。

オフィスに遊びを取り入れる

可動性は働き方を柔軟にしました。ある人たちはコミュニティとしてのオフィスはいらないと感じ、オフィスそのものが過大評価されていると思う人も世の中には少なくはありません。

Wellbeing:ウェルビーングと企業の収益性

このような能力へのニーズに対応することも今日企業が直面している複雑な問題の一つです。イノベーションへの欲求はもはやエリート集団やトップブランドだけの問題ではなく、あらゆる企業にとってその収益性をもたらすための不可欠要素になっています。

「起業文化」に火をつける

スタートアップ企業はその情熱と企業としての透明性がある特殊な「起業文化」というものを築き上げている。「起業文化」を起こし、企業として再生することは果たして可能なのだろうか? ここにいくつかのヒントがある。