ケーススタディ:グランドバレー州立大学の図書館

大学のキャンパスが大きく変わる中、注目されているのが図書館の存在です。グランドバリー州立大学(Grand Valley State University)はSteelcaseと提携することでアクティブラーニング手法を採用し、図書館を再考し、その大改造に挑戦しました。

高等教育の未来に向けた3つの展望

教育関係者たちは、反転学習、21世紀型スキル、仮想現実や拡張現実といった要素がこれからの学習方法をどう変えるかに真剣に取り組んでいます。

「学習スペース」シンポジウムでの3つの重要な学び

アメリカでの教育シンポジウム「Transitions North America」で紹介された教育現場での調査や事例は「スペース」が「学習」にどう影響を及ぼすかを示唆した。

アクティブラーニングセンターで、教育の変革に挑む。

教室のあり方を再考した12の教育機関による調査で、アクティブラーニングセンターの新設がコラボレーションを促進し、他の前向きな成果を生み出すと共に教員主導型教授法の変革につながったことが明らかになった。

視聴する:戦略+テクノロジーで生徒のエンゲージメントを高める

生徒のエンゲージメントを向上させる戦略や手法とは。サウスカロライナ州サルーダトレイル中学校の教師であるJulie Marshall氏とニューヨーク州ローワーハドソン地域情報センターの教育デバイスファシリテーターであるRandy Hall氏は、アクティブラーニングに情熱を注ぐ代表する教育者である。「教室のあり方を再考し、新しいカタチの教室を創り、障壁を取り壊し、信頼を築き、生徒たちが将来に向けた準備を整えるにはどうすればいいか」をテーマに熱く語りあった。

テクノロジーは教育をどう変えるのか

スタンフォード大学教授が2011年に人口知能に 関する無料のオンライン講座を開始したら、たち まち190 カ国から16 万もの学生からの応募が あり、かなりの注目を浴びたことがあります。

大学の講義ホールを変革する

The LearnLab was the first of the two spaces to be created and it helped pave the way for the AHA! space, but it faced an initial challenge: UF’s need — as at all institutions of higher education — to hold down the amount of real estate allocated per student.

RichlandカレッジのSteelcase LearnLab™

この実現のために、同大学はSteelcaseを訪問し、LearnLabを体感し、革新的な教室デザインの可能性に魅了されました。これからの先端的な学習戦略をさらに推進するには、この研究調査に基づいた家具とテクノロジーが統合された教室スペースが重要なツールになることを改めて確信しました。

A New Learning Curve

理由は多くの調査と教室での体験がそれを物語っています。脳を活性化しつづけるためには「動くこと」が必要なのです。

教室での学生の「注意力」を向上させる

21世紀の社会人の基礎力とスキルを身につけ させるために今の大学に必要なのは学生が学 習に集中できる環境である。最新の研究からそ の対策を探る。