ウェルビーング

ファストフォワード

AI、スマートデータやギグエコノミーはどのように仕事の将来像を変えるのか 

Podcast

視聴する:ファストフォワード

今から10年ちょっと前の2007年に最初のiPhoneが売り出されたことはかなり驚くべきことだと考えられる。 恐らくそれ以来、あなたの仕事は大きく変化したはずだ。電子メールを読む場所や時間、同僚への連絡の取り方、ソーシャル・メディア・サイトをブラウズしてあなたの会社の最新商品と戦略を定期的にチェックすること、更にはプレゼンテーションや経費報告書に取り組む時にAIがキュレートしたプレイリストを聴いているかもしれない。

あと10年もすれば、AI、バーチャルリアリティ、ピープルアナリティクスが一体化し、オフィスは見違えるようになる。かつてダイヤル式電話がキッチンの壁に掛かっていたことを古臭いと感じるように、今のあなたのオフィスが古臭く見える。未来のオフィスにもコンピューターはたくさんあるだろうが、しかし、そのコンピューターは見た目も何もかも今のコンピューターとは全く異なるものになる。没入型のホログラフィック体験を作り出すVRヘッドセットより、人々は洗練されて遮断が少なく、フィジカルプレーン上にバーチャル情報の層を重ねたARグラスを選ぶようになる。難題を解決するために集まったライターやプログラマー、デザイナー、科学者たちの異なるネットワークに対応できるように設計された部屋とオフィス家具は、これまでと違って、より感覚的に使えて快適になる。

恐らく最も顕著な変化は、テクノロジーとスペースの境界線が曖昧になることだ。スマートセンサーと音声認識ソフトウェアが埋め込まれた職場環境が、あなたの日常管理業務の大半を処理する。会議のメモを転記し、電話会議の予定を立て、日課の電子メールに返信し、あなたのチームの忠実なメンバーとなって仕事をする。あなたのウェルビーングのために設計されたオープンで自然な明るさのスペースは、多様なワークスタイルやプライバシーの期待権、従事するチームの性質に対応できる。オフィスは、あなたを最高の自分、または少なくとも最高の仕事に導く、人や同僚、ライフコーチのようなものになる。

「Steelcaseで、我々はこの説得力のあるシナリオが今後の仕事、従業員、職場環境にどんな影響を及ぼすのかに強い興味がある」

Steelcaseで、我々は、これらの説得力のあるシナリオがどのように今後の仕事、働く者、職場環境に影響を及ぼすかに強い興味がある。世界をリードする非営利未来戦略組織であるInstitute for the Futureによって開発されたデザイン思考過程を手本とする我々のForesight Practiceは、今日の市場でどうしたら変化のシグナルに気づけるかを入念に分析、予測し、未来の枠組みを作る。これらの予測シナリオは、将来を思い描き、未来を作る商品開発や製造決定に情報を提供する。我々は、従業員の生活を深く理解し、従業員経験を向上させるよう尽力し続け、我々のデザイン思考文化の一部としてこの業務を発展させる。

今日、未来の端は見えている。我々は、それが共同ラウンジ、ランニングマシン、自転車か、高さ調節可能な昇降デスクかを問わず、働く人々を座り続けることから解放し一息入れさせ、疲労や体の強張りを減らし、生産性を向上させるフレキシブルなワークステーションを提供するますます多くの職場環境にその発端を見る。我々は、電子メールとカレンダーデータと連動したマイクロホンとセンサーを使って、従業員の活動レベル、マルチタスクに費やした時間、アソシエイトがどのくらいの頻度で重要取引先と連絡をとっているかなどを追跡している歴史の浅いPalo Alto分析企業内でその光を見つけた。私たちは、駐輪ラックとおむつ交換台が最新オフィスの標準装備になっているバイオフィリックウッドパネルの壁とサーカディアンライトの小売店の中のかすかな光に微笑んだ。これらの例は、現代の企業が人々のニーズと絶えず変化する職場環境の要望に合わせてスペースを変化させているごく一部を示す。

将来、従業員に彼らの環境のより大きな管理権限を与えることで従業員を支援し、企業はかつてないほどに建物、デスク、コンピューターを管理できるようになる。データとAIがこれらの変化を統合すると、機械は望ましい未来像を予測することを学び、私たちに親密に話しかける範囲を超えて、 プロジェクトや任務を手伝い、私たちの職場環境の業績、生産性、ウェルビーングを向上させることまでできるようになる。

将来、すべての企業はテクノロジー企業となり、あなたのオフィスは驚くほど見た目の雰囲気が変わる。我々はあなたに未来に目を向けることを勧める。


  1. 未来が垣間見える
    1. ギグエコノミーのアクティブ・エージェント
    2. 莫大なデータをナビゲートする
    3. インテリジェント・イノベーション・ネットワーク
    4. 元気になれるスペース
    5. チームメンバーとしてのオフィス 
    6. 私たちを理解したスペース
    7. バーチャル・ソシアル・スペース

コメントを残す

関連ストーリー

職場でのプライバシーを確保するための5つの方策

職場にもっとプライバシーをと考えているなら、プライバシーを確保するための下記の5つの方策がヒントになるはずだ。

学習効果を 高めるための 授業のあり方

あまりにも長い間、学生たちの成功とは単位を取得し、無事に卒業を迎えることだった。しかし、今までの古い規範はさらに広範囲にわたる個に重きを置いた視点にシフトしつつある。

五感を活用する

視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚といった五感を刺激する職場
環境は従業員ウェルビーングを高める。