テクノロジー

Video Q+A: 空間が何故使われるのかを解読する

Decoding Why Spaces Are Used

何故職場において人々は、ある特定の場所に引き寄せられるように見受けられるのだろうか?いくつかの決まった部屋は常に使用中である一方で、他の部屋が多くの場合空室なのはどうしてだろう?もし私達がこれらの答えを解読できたなら、貴重なオフィス空間の全面積を組織は活用し始める事ができ、又その従業員達は、皆が使いたがるいくつかの部屋のみではなく、全職場環境に渡って彼らをサポートする空間を更に利用する事ができ、それは彼らに利益をもたらす事だろう。

現時点で、何故人々は特定の空間を使用し、他の場所を使わないかについての答えを見つける事は難しい。いくつかの組織は、何が機能し何がそうでないかの理解を試みる為に、人手による集計や事例的な証拠を用いている。しかしそのような方法は信頼性が高いとは言い難く、時間がかかる上決定性に欠ける。


STEELCASE WORKPLACE ADVISOR

組織に力を与える分かりやすく実用的なデータと共に、職場環境の有効性の測定に今すぐ着手しよう。

注文の受付


より賢く、より良い私達の意思決定を手助けする為に、生活の多くの分野でビッグデータが活用されている事を私達は知っている。何故このチャンスを職場環境に生かしていないのだろうか? Steelcase Workplace Advisor は、人々はどのように、そしてどこでその最高の仕事を成し得るのかを更に理解する為にデータを収集し、解明し、そして分析する為の新たな手法である。占有率データと空間規模、位置、そして快適性を組み合わせる事で、人々が特定の場所を使っているかどうかのみならず、その理由をも組織は理解し始める事ができる。人々は、ビデオコンファレンス機能を持つ空間をより好んで使うのか、高椅子のデスクを好むのか、ホワイトボード、自然光、その他どのくらい付加的な快適性があるのか?これらの答えは組織がその空間を適応させ、使用を向上させ、又、 働くためのより良い場所を従業員にもたらす為の実用的なデータの提供を手助けする。

NeoCon 2017において、人々はMicrosoft Azureを装備した Steelcase Workplace Advisor とPersonal Assistantについて学ぶ機会を得た。Steelcaseの Smart + Connected SpacesのマネージャーであるScott Sadler氏、及びGlobal Worktools + Technologyのデザインダイレクター Rob Scheper氏は、NeoCon期間中に寄せられた質問に答えた。Workplace Advisorがどのように機能し、職場環境でのSmart and Connected Spacesの未来において次に何が起こるのかの詳細は、彼らの対話の抜粋にてご覧頂く事ができる。


最新のテクノロジー状況

人々が職場でのより良い一日を送る事を手助けする為に、データがどのようにあなたの職場環境を転換できるかを明らかにしよう。

登録する


コメントを残す

関連ストーリー

「データプライバシー・バイ・ デザイン」という設計思想

世界がつながることでイノベーションが生まれる。収集されるデータが責任ある形で管理、分析されなければ、そのことからもたらされる成長や繁栄といった真の意味での恩恵は難しい。

アジャイルチームが知る必要のある10の事

アジャイルワークを更に理解し私達自身のアジャイルの旅をサポートする為、Steelcaseはアジャイルワーカーのニーズに役立つ空間の行動的なプロトタイプを構築した。

デジタル化への競争

データビジネスが成長を遂げる中、ITのプロは企業の前線で高度にアジャイルなチームを構築しながら、問題解決のプロジェクトに参画している。