イノベーション

南仏プロヴァンスから社会を変える

アヴァンギャルド、挑発的、魅力的。そして、何よりも注目すべきは、thecampがどうイノベーションを育んでいるかだ。

thecamp

フランス南部にあるエクス・アン・プロヴァンスにある17エーカーの美しい自然風景の中に佇むthecampは、官民連携のイノベーションキャンパスで、社会に向けてのイノベーションのための画期的かつ規模の拡大に対応できるソリューションを開発している。コラボレーションスペース、メーカースペース、瞑想エリアなど多彩な「場」の中で人々が生き生きとしながら働く姿がそこにはある。

この施設の目標は、新・都市モデル、モビリティ、住居、エネルギー、食糧生産の現システムの再考といった時代の大きな課題に取り組むことだ。文化、背景、世代の全く異なる人々で、今まで働いたことも口を聞いたこともないもの同士が共同のスペースで協働しながら、知を集積させていくというリアルな実験型コラボレーションスペース。そう表現するのはビデオゲームデザイナーであるthecampのクリエイティブディレクター、Eric Viennot氏だ。

360 Magazine, Inside Innovation

受賞歴のある建築家Corinne Vezzoni氏によって設計されたthecampの建物には、プロジェクトスペース、リビングルーム、多彩なコラボレーションスペースやプライベート空間が広がり、バーチャルリアリティやAIテクノロジーも完備されている。

そして、その物理的スペースや仕事ツールと同じくらいに特筆すべきは、イノベーションを育むことを目指すあらゆる企業組織が採用すべきその巧妙な戦略にある。それは集団としての創造性、実験、問題解決を促すように全てが徹底して練られているからだ。

キャンパスは、自然と建築物、内装の全ての要素が優雅にバランスよく混ざりあっている。キャンパーがキャンパスを歩き回ったり、屋外を散策したり、2つのレストランやラウンジエリアで会ったり、屋外ステージで開催されるワークショップに参加したりしながら、イノベーションに拍車がかかるように全体が設計されている。

17-0092713

キャンパスは、自然と建築物、内装の全ての要素が優雅にバランスよく混ざりあっている。キャンパーがキャンパスを歩き回ったり、屋外を散策したり、2つのレストランやラウンジエリアで会ったり、屋外ステージで開催されるワークショップに参加したりしながら、イノベーションに拍車がかかるように全体が設計されている。

キャンパスは、自然と建築物、内装の全ての要素が優雅にバランスよく混ざりあっている。キャンパーがキャンパスを歩き回ったり、屋外を散策したり、2つのレストランやラウンジエリアで会ったり、屋外ステージで開催されるワークショップに参加したりしながら、イノベーションに拍車がかかるように全体が設計されている。

17-0092714

キャンパスは、自然と建築物、内装の全ての要素が優雅にバランスよく混ざりあっている。キャンパーがキャンパスを歩き回ったり、屋外を散策したり、2つのレストランやラウンジエリアで会ったり、屋外ステージで開催されるワークショップに参加したりしながら、イノベーションに拍車がかかるように全体が設計されている。

「創造性」に向けての推進力

thecampの指針原則は、官民連携の組織で、年齢もスキルも異なる多様な人材を結集させることでした。 「モビリティや公害問題、未来都市のあるべき姿に取り組む際には、国、市や地域の行政を外しては実行不可能です。そして、若いクリエイターなどのスタートアップもこの問題に大いなる関心を寄せています。さらに、批判的思考や異なる発想で他者にインスピレーションを与え、創造性に貢献するアーティストも必要なのです。この多様性豊かな人材が同じ空間で共に働くことで、以前には存在しなかった解決策を生み出すことができると考えたのです。」とViennot氏は言う。

360 Magazine, Inside Innovation, the camp

Viennot氏は、6ヶ月間滞在し、キャンパーをヘルプする若い才能のグループ、ハイブ(The Hive)を管理している。キャンパー(数日から1週間滞在)たちのプロジェクトでの創造的思考を引き出し、プロトタイプやソリューションを試すのを手伝うのだ。「それは精神性や創造性を伴うリアルな集団作業で、同じアイデアを持つ有能な人材と働くために人々はここに来るのです。」

チームはソリューションの改善を目指し、継続的に実験し、テストし、改良し、再びテストを続けていくということが反復されていく。「実践しながら学習するという行為は、私たちのすべてのプログラムに共通していることです。」と語るのはViennot氏だ。

「実践しながら学習するという行為は、私たちのすべてのプログラムに共通していることです。」

Eric Viennot クリエイティブディレクター、thecamp

開放的な視界と通路は、人々を自然や他のエリアに誘導するだけでなく、集団として創造性を全開しながらプロジェクトに向かい、敢えて挑戦的な質問をしたり、他者のアイデアを刺激したりしながら、チームが最上のソリューションを開発できるような雰囲気づくりに貢献している。

thecampのワークスペースは柔軟かつ可動性があり、Viennot氏はそれを「創造性を喚起する」スペースと呼んだ。スペースにはレイアウトを変更できる柔軟性も重要だ。グループが変われば、プロジェクトや活動も変化していく。

360 Magazine, Inside Innovation
Thecampの自然環境は、創造プロセスに必要ないつものリズムから離れて熟考したり、集中したりできる環境づくりに貢献している。

定期的活動としては、共同イノベーションプログラムや知の共有を目的としたテーマ別サミット、長期にわたる地球規模の問題に取り組むための共同プロジェクトがある。将来有望なスタートアップや若者に資金を提供して、若い世代こそが未来を変えていくのだと駆り立てる役割も担っている。

Thecampは、海と大都市の両方に近い自然環境の中に位置している。 「静かな自然豊かな環境の中で、いつものリズムからちょっと離れて熟考したり、集中したり、他者と仕事をしたりできるのです。気晴らしを楽しんだり、リラックスしたり、部屋に戻ったりするという普通とは異なるこの環境が、すべての創造プロセスに役立つものと私たちは考えます。」とViennot氏は語る。

「スペースにはレイアウトを変更できる柔軟性も重要だ。グループが変われば、プロジェクトや活動も変化していく。」

Eric Viennot クリエイティブディレクター、thecamp

コメントを残す

関連ストーリー

TED版SILQチェアコンテスト受賞者が語る音楽ストーリー

TED限定版SILQチェアコンテストに受賞したSpotifyのAngie Romero氏が語る、クリエイティブなマインドに自分を解き放つ方法。

イノベーションを加速させる

過去10年間でインドと中国は海外のアウトソーシング拠点から重要なグローバルイノベーションハブへと進化し、これまでにないスピードと俊敏性でイノベーションリーダーへとのし上がった。

それは、火事から始まった。

360本号では、今までとは異なる全く新しい方法で問題を解決するイノベーション事例をいくつか紹介している。実際、私たち、Steelcaseは100年以上も前からその姿勢を一貫して貫いてきた。