インフォーマルスペース

Steelcase、Bolia家具ブランドとの提携を拡大

北米およびアジアパシフィック市場向けにデンマークのデザイン家具ブランドBoliaコレクションを販売開始

今日のワーカーは仕事からのストレスも多く(出典元:Rand Corp調査)、旧態依然とした画一的なオフィス以外の場所を働く「場」として求める傾向(出典元:Gallup調査)があります。その一方、企業は従業員の協働やコラボレーションを加速化するために従業員をオフィスに戻そうという動きもあります(出典元:NPRウォールストリートジャーナル)。イノベーションや創造性を生み出すにはいかにワーカーを創造ワークに促し、サポートできる環境を創出するかが鍵になります。これを背景に、Steelcaseはデンマークの家具ブランドであるBoliaとの提携をすでに関係が成功しているヨーロッパ、中東、アフリカ地域から拡大し、米州とアジアパシフィック地域でも同コレクションを販売することを発表しました。Boliaはソファ、アームチェア、テーブルなどを含むコレクションを業界でも最も信頼性の高いSteelcaseのグローバルな販売網を通して販売できると同時に、Steelcaseはより多くの選択肢をお客様に提供できるようになります。北米では2018年秋に、アジアパシフィック地域はその数か月後に販売開始予定です。


BOLIAを知ろう

Boliaは伝統的な北欧デザイン、サステナブルな素材、秀逸な職人技を誇るデンマークの家具ブランドです。

詳細を見る


「昨年、ヨーロッパでBoliaとの関係を開始して以来、建築家、デザイナー、顧客の皆様から、北米やアジアパシフィック地域でも是非同社の家具を販売して欲しいという多くの要望をいただきました。 関係を拡大することで、コレクションがより広範囲にわたる地域の当社のお客様にご提供できることを大変喜ばしく思っております。Boliaの卓越した職人技や秀でた創造力、洗練さや造形美といったものが世界中の職場環境をより豊かにするものと確信しています。」とSteelcaseのグローバルマーケティング担当副社長、Allan Smith氏は述べています。

伝統的な北欧デザインにインスパイヤされたBoliaのプロダクトは、デンマーク発の暮らし方コンセプトである “ヒュッゲ=hygge”(心地よい時間や空間)をオフィスに持ち込み、温かくかつ大胆で贅沢な素材を基調にした居心地のよい雰囲気を創出できます。 同社の製品は現在、デンマーク、フランス、ドイツ、ノルウェー、スウェーデン、オランダ、ベルギー、オーストリア、スイスのセレクトショップで、また、すべてのEU諸国にはオンラインショップでの購入が可能です。

「私たちは、Steelcaseとの関係強化によって秀逸な北欧デザインが世界中の多くのオフィスに導入されることを大変光栄に思っています。このユニークなコレクションがもたらすものは創造力です。 Steelcaseと共に世界中の職場環境を創造力豊かな魅力的な場にしていくことを目指します。」BoliaのCEOであるLars Lyse Hansen氏は語っています。

Steelcaseでは、継続的な学習と顧客価値の最大化に向けて、世界中の先進的企業との協業やパートナー関係を構築しています。

SteelcaseとBolia、また、他の提携パートナーとの詳細についてはこちらから。

コメントを残す

関連ストーリー

ウェルビーイング:2020年のオフィスデザインの主要要素

ウェルビーイング:2020年のオフィスデザインの主要要素

Steelcase Global Design Studioが予想する2020年に注目されるであろうオフィスデザインの5項目

アジャイルチームの1日

アジャイルチームの1日

「アジャイル」カルチャーを育むことを念頭に設計されたチームの1日の活動を追った。そのスペースは「アジャイル」なチームカルチャーを育み、皆がスピーディに動き、新しいアイデアを試し、実行し、顧客につながることを念頭にデザインされていた。

「チームの中の個」という考え方

「チームの中の個」という考え方

チームは、多彩な個性やスキル、ニーズを持つ個人の集合体である。その現場やオフィスでは、チームは個人のニーズにも対応しながらグループとしてのニーズが適切にサポートされて初めて最大のパフォーマンスを発揮できる。集団の中の個という存在だ。