ウェルビーングと企業の収益性

IBM が世界中のCEO に対して、今日のリーダーシップの最も重要な特質とは何かを特定したところ、彼らの答えは共通していました:キーワードはコラボレーション、コミュニケーション、創造力、柔軟性。CEO たちは「常に自分を変えて成長しながら仕事ができる社員を求めています。そういう社員は変化に対しても適応力があり、他の人から学ぶという姿勢も持っているからです。」とレポートは記しています。このような能力へのニーズに対応することも今日企業が直面している複雑な問題の一つです。イノベーションへの欲求はもはやエリート集団やトップブランドだけの問題ではなく、あらゆる企業にとってその収益性をもたらすための不可欠要素になっています。

そして、CEO たちは今、新たなジレンマに直面しています:コラボレーション、コミュニケーション、創造性、柔軟性というものがリーダーシップに要求される能力であるとすると、その測定基準や考え方は過去の多くのビジネスリーダーたちが学んだこととは異なっているはずです。何十年もの間、ビジネススクールでは物流やサプライチェーン、経営分析などを専門的に学んだ若いリーダーを多く輩出してきました。しかし、最近になって企業はこれらのビジネス原則だけでは不十分であると認識しはじめています。そこには新たな行動を育てるための環境と企業文化が存在することが極めて重要であるというのです。

PDF をダウンロードする

 

 

Wellbeing:ウェルビーングと企業の収益性

このような能力へのニーズに対応することも今日企業が直面している複雑な問題の一つです。イノベーションへの欲求はもはやエリート集団やトップブランドだけの問題ではなく、あらゆる企業にとってその収益性をもたらすための不可欠要素になっています。

ワークプレイスにおけるウェルビーングの6つの側面

ウェルビーングとは今日のビジネスでの競争優位の源泉ともいえます。それを達成するにはワーカーは心身共に健康であり、生産的で前向きな行動を起こすような感情能力が育つ環境の中で自分自身が成長しつづけることが要求されます。

職場のウェルビーングの向上

先進的企業は社員のウェルビーングを向上させることで社員が健康的になり、医療コストを減らすことができるだけでなく、より生産的でよりクリエイティブ、そしてイノベーションを起こす土台をつくることができ、それが競争上の優位性につながることを認識しています。企業がウェルビーングに注目する中で、多くが目標に向かっての進捗状況を把握するための方法を模索したり、ヒントや評価基準を求めて他の企業の事例を参考にしようとしています。

デスクの共有はウイルスの共有でもある?

私たちの身の回りには目に見えない感染症を引き起こす細菌やウイルスなどの微生物が数多く存在しています。しかし、病気の人と接触しないようにしようとしますが、それはある意味簡単なことでウイルスから逃れることが一番難しいのです。

ウェルビーング文化を構築する

2014 年2 月末に定年で退任するSteel case のCEO であるJim Hackett 氏に、 今日のビジネスリーダーにとってのウェル ビーングについてインタビューしました。

包括的アプローチ:身体・心・環境

企業が従業員のウェルビーングに取り組む際、多くの場合は身体的健康と人間工学からまず始めます。それは従業員の健康要素、例えば肥満、禁煙、運動などにフォーカスを当てることに加え、ケガを防ぐための人間工学にも目を向けます。

ウェルビーングのソートスターター: アプリケーション コンセプト

私たちは研究調査によって導きだされた発見をもとに、人々の身体的、認知的、感情的ニーズを考慮しながら、刺激を与え、人の動きを促進する様々なレイアウトプランを開発しました。

Bold Strokes are Only the Starting Point

24 時間常につながり、スピードを要求されるビジネス 世界の中で、身体的、精神的ウェルビーングを育むワー クプレイスが急激に注目を集めてきています。私たちの 時間は今や自分のものではなく、管理することさえも難 しくなってきています。

オフィスに遊びを取り入れる

可動性は働き方を柔軟にしました。ある人たちはコミュニティとしてのオフィスはいらないと感じ、オフィスそのものが過大評価されていると思う人も世の中には少なくはありません。

ウェルビーングの先進国、オーストラリア

ウェルビーングでは一歩先を行くオーストラリア。建築やデザイン、不動産をリードする専門家がどのようにワークプレイスを通してウェルビーングをサポートできるかの革新的な方法を提示しています。

Live Well, Work Well

Coalesse(Steelcase のプレミアムブラン ド)はその徹底した調査を基に職場の中に どうウェルビーングを取り入れるかのヒント を提供しています。

A New Learning Curve

理由は多くの調査と教室での体験がそれを物語っています。脳を活性化しつづけるためには「動くこと」が必要なのです。

Sustainability Spotlight

基本的にサステナビリティとは「人」がその中心にあります。人や社会が最大限の可能性を引き出せるような経済、社会的環境を整え、支援し、純粋な意味での長期的なウェルビーングの実現を目指すことです。