THINK BETTER

今日の職場のほとんどの人は例外なく、仕事中に継続的な注意散漫に陥っている。会話中のショートメール、会議中のメール、ランチ休憩も仕事に追われるなど、スピーディにハードに仕事をこなすことを要求されている。そして、それがどれほど、思考力の限界を超えているのかも知らない。

ラッキーなことに、集中力を鍛えることは可能である。今、脳科学の膨大な研究成果によって、「注意力」とは何か、どう機能し、どう向上し、どう効果的に活用すべきかが実証されようとしている。

これらの発見をうけ、Steelcaseの研究員たちは脳が思考や感情、行動をどうカタチづくるかの新たなインサイトを導きだし、ワークプレイスを通して、どう「注意力」をコントロールできるかの構想を練り上げた。

脳のフルパワーと環境を統合することで、人々はより効果的に仕事をこなすことが可能なのである。その結果は予想をはるかに超えたものであるかもしれない。

PDF をダウンロードする

 

Think Better

世界中の多くの職場で、社員の能力を最大限に 引き出していない現状やその要因となる注意力 散漫が問題視され、多くの人が集中しながら仕 事を精力的にこなし続けることに無力感を覚え 始めている。その中で、今、脳科学研究がその根 本的な問題を明らかにし、仕事場での注意力を サポートする方法の糸口を開きはじめている。

成長のジレンマ

インドや中国のような成長市場では、企業がバ リューチェーン(価値連鎖)を向上させたことで 仕事の質が変化している。人材不足や継続的な 変化という課題を抱える中、有能な人材を保持 するために従業員のウェルビーングを向上させ る柔軟性が高く、復興力のあるワークスペース づくりが不可欠になる。

感性を鍛える現代クラフトアート。

クラフトアートがポップカルチャーの中で脚光を浴び始めている。しかし、今日のワークスペースでクラフトアートが使われることは稀である。メーカー・ムーブメントに触発されたCoalesseは新素材やハンドメイド手法を駆使し、ワークプレイスに発想豊かな体験を吹き込んでいる。

「起業文化」に火をつける

スタートアップ企業はその情熱と企業としての透明性がある特殊な「起業文化」というものを築き上げている。「起業文化」を起こし、企業として再生することは果たして可能なのだろうか? ここにいくつかのヒントがある。

「人」+「目的」をつなぐ

従業員の労働意欲は企業の礎石である。しかし、働く現場が組織の目的に合致しないがゆえに従業員の労働意欲につながらないという。Steelcase のARC部門は企業のスペース、ワークプロセス、テクノロジーを統合し、企業の目的を日々のワーク体験に組み入れる戦略を提案している。

業界をリードする。

人間工学のコンサルティング会社が社員のウェルビーングを向上させるために「場」のパレットをどう採用したかを読む

教員を教育する

イスラエルのオハロ教員養成大学では新たにアクティブラーニング教室やその学習法を導入し、スペース、教授法、テクノロジーへの画期的なアプローチのもとに新世代の教員を養成している。