職場でのプライバシーの危機

「企業は人なり」という言葉があるように企業の成功は社員の力なくしてはありえません。しかしながら、今、潜在的能力を持つ多くの社員の労働意欲が低下しているというのです。士気があがらない、非生産的、過度のストレスといったことによって、企業が望むように創造力を生かして考えたり、人と上手く恊働したり、画期的なソリューションを生み出したりということができないのです。

矛盾しているかもしれないが、コラボレーション活動を成功させるためにやっきになることは逆に結果を悪くします。最近のSteelcaseの調査によると、仕事場でのコラボレーションは価値創造にとって欠かせないものですが、過度なコラボレーションは禁物だと説いています。

PDF をダウンロードする

関連記事

プライバシーのためのソリューション

Although privacy is a universal need in workplaces, personal preferences, spatial contexts and cultural norms are key factors for successfully designing environments for privacy, say Steelcase Advanced Applications designers.

「静かな人」の秘めたパワー

このようなイメージがあるために、多くの内向型人間は常にその傾向を克服し、仕事での成功に欠かせない外交的特質を表にだそうと必死に努力しています。

職場のノイズ問題

イギリスを拠点とするコンサルティング会社、サウンドエージェンシーの会長である Julian Treasure 氏によると、オフィスでのイライラさせられるノイズには々なものがあり、空調、気に障る着信音、交通音、近くの建築現場の音、精巧でないサウンドマスキングシステム、そして、人の声などがあげられるということです。

Q&A – David Rockへのインタビュー

作家であり、コンサルタントでもあるDavid Rock氏は仕事中に人間の脳がどのように動き、邪魔が入り、気が散ることでどうなるかを研究している1人。集中できる思考状態を把握することはビジネスにとって重要な発見になり、人々のウェルビーングの向上にも役立つと考えています。

外的刺激の 蔓延化

現在、世界中の企業が直面している新たな問題はいかに新しい方法で情報を共有し、知識を集積するかということです。コラボレーションは言うまでもなく、進歩とイノベーションのためのエンジンであることは間違いありません。

社員の労働意欲を 向上させる

逆に労働意欲がある社員は生産的に仕事をこなし、離職率、欠勤率も低く、企業に高い利益をもたらすパワーを持っています。まさに彼らこそが企業の繁栄には欠かせない存在であることはまちがいありません。

相互に作用し、循環する システムを創造する

特にネット接続や対面でのつながりに重きを置きすぎて、今日のワーカーは溢れる情報の渦の中で仕事をこなすことを強いられています。広い範囲でのコラボレーションが重要視されると同時に、1人になる避難場所の必要性も増してきているのは当然です。

「プライバシー」 への渇望

かつてないほど、人々は仕事場にプライバシーがないことに対する不満をブログやチャットルームで独り言のように公開し始めています。

GROOVEの挑戦

Groove のほとんどの作業は基本的にコラボレーションが多く、新スペースの多くがコ・クリエーション(共創造)とブレスト用にデザインされました。「ピット」と呼ばれるエリアはオープンなコラボレーションスペースとして機能し、チームを一つにする様々な仕掛けが考えられています。

バランスを模索する: プライバシーを再考しながら コラボレーションを促進する

国際的なエネルギー企業、アブダビ国営エネルギー会社(TAQA)のフラッグシップ本部の創設にあたっての戦略意図は一言で言えば、アラビア語での「Majlis-マジュリス」、つまり「皆が集う場」という意味でした。

プライバシーに 関する5つの発見

学術的研究での発見とSteelcaseの研究を統合することでこれらの5つのプライバシー領域を特定し、定義することができました。

反転授業

授業を反転させることは教員たちが授業の手順や教授法を再考することにもつながります。講義が動画になることで、授業は生徒と先生、そして生徒同士のコラボレーションに時間を割くことができます

開放的すぎるスペース?

多くの企業で起きていることは、オープンスペースを強調しすぎて、十分なプライベートスペースがないことです。

「場」のパワー: オフィスルネッサンス の始まり

今日、人は電源とデバイスがあればオフィスでなくてもどこでも仕事ができるようになりました。しかし、リーディングカンパニーのCEOたちは一応に社員にオフィスに戻るようにと呼びかけています。SteelcaseのグローバルコミュニケーションのVPであるGaleMoutrey氏によると、恊働することで信頼関係は築かれ、信頼関係は企業の成功に不可欠な社員の労働
意欲を養うと述べています。

サステナビリティへの取り組み

この新たな発見は新たな世代に価値を与え、より賢い意思決定や経済的、環境的、そして社会的な課題を解決できる方法を提供することになります。また、考えられないスケールでイノベーションを起こす可能性を持ち合わせているのです。

プライバシーという枠組み

研究員たちが多くの研究を統合した結果、明らかになったことはワークプレイスでのプライバシーのニーズをサポートするには多様な環境が要求されるというものでした。

次に来る「ビジョン」

600 人以上もの学生たちが応募した設計案はまずは各学校の学部教員によって審査され、トップ 2 のみが応募エントリーすることになりました。