Open image tooltip

新たなI.Q.の登場

「イノベーションを、さもなくば死を」。これは1997 年にアメリカの経営コンサルタントであり、作家でもあるTomPeters 氏が表現したフレーズです。その当時、それは正しいとは言われてはいましたが、今、まさに真実として世界中の企業のCEO たちの重要課題になっています。いまや、イノベーションは企業の成功にとってなくてはならない要素であり、企業戦略として位置づけられていることが不可欠な時代に突入しました。業界をリードする企業は厳しい環境の中で企業として生き残り、繁栄するためには組織を一段と強力にし、成長に向かってシフトすることが重要でイノベーションはそのための方法であると理解しています。実際、最近のMcKinseyの調査によると、グローバルなビジネスリーダーの33% が「製品とサービスのイノベーション」を今後3 年間の最重要課題として位置づけています。しかし、その中で企業はイノベーションにまつわる数々の課題、例えばグローバル競争の激化、優先事項の短期化、そして企業目標との統合などの現実的な問題にも直面しています。その結果、企業はあらゆる方法で企業としてのI.Q(=Innovation Quotient)、つまりイノベーション指数を伸ばそうと努力しています。

PDF をダウンロードする

新たなIQ の登場

新たなIQ の登場

「物理的スペースの果たす 役割は大きく、それは人の 行動様式をカタチづくり、 イノベーションが助長される “ステージ” を創ります。」 チームの中でそれぞれの経歴や価値観、そして働く場所が多様であればあるほど、よいアイディアが生まれるということです。

回復力のある不動産: 適応力がある システムとしての 「スペース」

回復力のある不動産: 適応力がある システムとしての 「スペース」

不安定な状況において、企業として繁栄するための新たな模索が始まっています。適応力があるシステムとしての不動産をテコにして回復力のある組織を目指すとはどういうことなのかを解説します。

ワークホスピタリティ

ワークホスピタリティ

Workspring への来訪者 シカゴの歴史あるインランドスチールビルの4 階に位置し たWorkspring という名のオフィススペースは従来のオフ ィスという考え方を一新させる考え方を提案しています。

ヒューマンテクノロジーをデザイ ンする

ヒューマンテクノロジーをデザイ ンする

Allison Arieff はDwell 誌の元編集者。都 市計画や政策立案を提言する研究機関、 SPUR の創設シニアエディター兼ストラテジス トでありながら、NY タイムズ誌などの定期的 な寄稿者でもある。今回、Steelcase のグロ ーバル本社を訪問し、ワークプレイスにおけ る人間とテクノロジーの間にある緊張、障害 を緩和することを目的に開発された新たな製 品ソリューション群を取材しました。

Q + A インタビュー

Q + A インタビュー

回復力がある組織は未来の一つのプランに固執しません。あくまでも身が軽く、共同で何かをこなし、俊敏でもあるのです。変化の最中にただ生き残ることだけを考えているのではなく、どうやったら繁栄するかを常に考えています。

イノベーションに向けての7 つの習慣

イノベーションに向けての7 つの習慣

Steelcase の新しいイノベーションセンターへの移転を前に、 その組織横断型チームは移転する社員のためのマニフェスト を作成しました。 目的:洞察をイノベーションへと加速させる

テクノロジーは教育をどう変えるのか

テクノロジーは教育をどう変えるのか

スタンフォード大学教授が2011年に人口知能に 関する無料のオンライン講座を開始したら、たち まち190 カ国から16 万もの学生からの応募が あり、かなりの注目を浴びたことがあります。

サステナビリティスポットライ

サステナビリティスポットライ

ますます相互に連結した世界において、天然資源を保護すること、人々の生活を守ることは人類の未来のための最重要事項であるという社会の認識が高まりつつあります。それは変化が激しく、競争が激化する時代の中にあって、企業が生き残り、繁栄しつづけることも同様です。

モバイルワーカーの実態

モバイルワーカーの実態

携帯端末技術の発達によって知識労働者はいつでも、どこでも仕事ができるようになりました。何百万人もの人がそうやって仕事をしていますが、それは決して容易いことではありません。