Open image tooltip

新・働き方と新・ルール

気づいているだろうか? イノベーションに向けての企業間競争が激化するにつれ、今までのオフィスワークのパターンが変わってきたことを。今、世界中の企業で起きていること。それは組織横断的に行われるマトリックス型やプロジェクトベース、ハイパーコラボレーションチームによって仕事が遂行されるようになったことだ。その仕事の仕方は今までのようにリレーのように一方向に向けた個々の貢献ではなく、サッカーのようにスピーディに動き、アイデア同士が活発に衝突しあうことである。

コラボレーションを科学する。

コラボレーションを科学する。

脳科学研究の進展によって、身体と脳は相互に密接な関係があり、問題を学習し解決する能力は身体をどう動かすかに左右されることが明らかになった。しかし、最近のSteelcaseの世界的な実態調査によると、コラボレーションする機会が増えているにも関わらず、職場環境は固定化され受動的に座りがちで斬新なアイデアを生み出す環境とは程遠い。今日の競争の激しい経営環境では、新たなタイプのコラボレーションと従来とは劇的に異なる物理的環境が求められている。

現代版「トライブ」のためのスペース。 (全編)

現代版「トライブ」のためのスペース。 (全編)

将来の変化を見ようとしない組織より、業界の古い常識を覆すような組織で仕事をしたいと思う人は多いはずだ。顧客すら気づいていない潜在的ニーズを未来予測から引き出し、斬新なアイデアを迅速に市場に投入し、競合他社を圧倒する。それが私たち、Steelcaseの目指す企業の姿だ。

新・働き方と新・ルール。 (全編)

新・働き方と新・ルール。 (全編)

今日、企業はかつてないほど複雑な問題やリスクに直面し、その中で最高益達成や対応の迅速化など計り知れないプレッシャーに晒されている。台頭しているハイパーコラボレーション型チームは、チームとして個としての両方の活動を再定義しながら流動的に動きながらアイデアを素早く生み出し、具現化させていかなければならない。しかし、働き方が大きく進化する中、職場環境はそれ程変わっていない。Steelcaseの研究員たちは、企業の変革者となり得る現代版チームのニーズや期待を満たし、仕事で最善を尽くせるスペースをいかに創造するかを日々模索している。

オフィス機能を高める

オフィス機能を高める

革新的な新素材、Celliantは、天然鉱物を埋め込んだ特殊な機能繊維で血流を増加させ細胞へより多くの酸素を促す効果があることが立証されている。それによって疲れを改善し、機敏さと元気を取り戻すことにも貢献すると言われている。この見解を実証するためにDesigntexは非臨床試験を犬でも実施した。

自分の仕事は果たして重要か?

自分の仕事は果たして重要か?

組織心理学者でTEDのWorkLifeポッドキャストの常連であるAdam Grant氏は、「真の信頼を築きたいとしたら、その時間は決して楽しくはないはずだ。」と言う。何故なら現代版チームは今までのように単純で労力が伴わない課題ではなく、複雑かつ重要、解決困難な課題に対して密接な連携体制で取り組まなければならないからだ。

驚きと感動

驚きと感動

かつて製品の差別化要因であった耐久性、サステナビリティ、人間工学、選択肢といった要素は今、標準製品の基本要素になっている。そこに新たに何かを付帯できるとしたら、それはユーザーさえも予想できない方法でユーザー体験を向上させる製品の個性やクラフト感だとCoalesseのデザイナーは考える。

「チームの中の個」という考え方

「チームの中の個」という考え方

チームは、多彩な個性やスキル、ニーズを持つ個人の集合体である。その現場やオフィスでは、チームは個人のニーズにも対応しながらグループとしてのニーズが適切にサポートされて初めて最大のパフォーマンスを発揮できる。集団の中の個という存在だ。

アジャイルチームの1日

アジャイルチームの1日

「アジャイル」カルチャーを育むことを念頭に設計されたチームの1日の活動を追った。そのスペースは「アジャイル」なチームカルチャーを育み、皆がスピーディに動き、新しいアイデアを試し、実行し、顧客につながることを念頭にデザインされていた。

買い手市場

買い手市場

デジタル変革が企業の業績を左右する時代に突入した。企業の意思決定がよりデータ主導になったり、デジタルツールに投資したりなど、企業はテクノロジーを活用しながら効率性を改善し新たな方向性を打ち出そうとしている。