Open image tooltip

距離的制約をなくす

今日の経済活動において、分散型チームが新たなスタンダードとして定着する中、距離が障害となって成果が上がるチームが出来ないというわけにはいきません。しかし、それがもたらす問題も徐々に明らかになってきています。

よりスピーディな対応、より賢い方策、そして、イノベーションを生み出す土壌が企業に求められる中、それを実現する最適な「人材」登用がこれまで以上に重要になってきます。現在、多くの人材が分散し、さまざまな場所で、タイムゾーンや文化を超えながら仕事をこなし、遠隔化から起こる「存在の格差」という問題に直面しています。つまり、遠隔にいるメンバーは一緒に肩を並べているメンバーたちに比べて不利な状況に置かれているというものです。

「存在の格差」は単にやっかいな問題ということにとどまりません。それはワーカーの生産性を脅かし、コラボレーションの実現を阻む危険性も内存していることも事実です。今、多くの企業がこの問題を解決する方策として動画でのコミュニケーションに投資しています。しかし、その際に見過ごしがちなのがスペースの中で動画テクノロジーをどう組み込みこむかという問題です。

PDF をダウンロードする

距離的制約をなくす

今日の経済活動において、分散型チームが新たなスタンダードとして定着する中、距離が障害となって成果が上がるチームが出来ないというわけにはいきません。しかし、それがもたらす問題も徐々に明らかになってきています。

本当の仕事を支える

これは単なるトレンドとしてのオフィスのワンシーンではなく、第1の場所と第3の場所の融合であり、世界中で働き方の変化が起きている事の証なのです。

スペースオデッセイー「新たな文化」への旅

ニューエコノミーの出現、急速なモバイル化、テクノロジーの劇的な進化、世界中を渦に巻き込んだ経済危機など、多くの企業経営者はこの変化にどう対応できるかを真剣に模索しています。Steelcaseはこのようなビジネス環境の中で、「人」、「文化」、「プロセス」を融合しながら、スペースを通して企業文化を変革するという大きな課題に挑戦しました。私たちの新たな文化への旅の詳細をお読みください。

オフィス文化を進展させる

ヒップなオフィスを持つオフィス文化は社員の士気や生産性、会社に対する忠誠心を確実に高めるものです。しかし、実際にその効果は実証されているのでしょうか? それを実証するストーリーをここに紹介します。

思考をカタチにする教育

メイカーズムーブメントとはネットやウェブ技術をモノ作りに活かし、製造業の世界に「第三の産業革命」を起そうとするムーブメントです。 メイカーズムーブメントの教育への参入。

Q + A レイ・オールデンバーグ

自宅と仕事の他に存在する社会的な「場」としてのパブリックな「場」という考え方は、何世紀もの間存在してきましたが、それが「サード・プレイス (第3の場所)」として辞書の中に登場したのは、社会学者のRay Oldenburgが1989年の著書「The Great Good Place」の中でその概念を詳細に解説してからでした。それ以来、この考え方は常に注目されてきました。

サステナビリティへの取り組み

Steelcaseは人間が持つ可能性を引き出すことを企業命題として掲げ、人間の能力を最大限まで伸ばせるような経済的、環境的、社会的環境を創造することを目指しています。そして、その目標達成に向かって、周囲に立ちはだかる壁を乗り越え、日々、前進しつづけています。

ラーニングカーブ

アクティブラーニングは決して1人での静かな時間を必要としていないということではないということです。それどころか、実際には学習がコラボレーション寄りになればなるほど、1人で集中する「場」の必要性がでてくるということです。