「イノベーション」に関する考察

学習する。試す。創造する。

これらは今日のビジネスの複雑な問題を解決するのに不可欠な活動といってもいい。しかしながら、多くの企業はこの習慣を組織に浸透させるために奮闘している。何をすればこの変化を推し進めていけるのだろうか?本号では、学習とイノベーションの関係、その事例として、Steelcaseが創設したラーニング&イノベーションセンター(Steelcase Learning and Innovation Centre、LINC)の開発背景やその詳細を紹介している。LINCが目指したもの、それは企業カルチャーのシフトを促し、継続的に学習するという習慣を定着させる環境を創るというものだった。

「イノベーション」に関する考察

ドイツ、ミュンヘンに創設されたSteelcaseの最先端のラーニング&イノベーションセンターは、同社が学習する組織を構築し、イノベーションを起こし、企業として成長するために「場」をどのように活用しているかを、従業員や来訪者が体感できる施設である。

南仏プロヴァンスから社会を変える

南仏にあるthecamp施設は、官民連携のイノベーションキャンパスで、社会に向けてのイノベーションのための画期的かつ規模の拡大に対応できるソリューションを開発している。

Q+A David Kidder

常に起業家意識を持つ人物はこう語る。企業が事業を成長させるためにはスタートアップのように考え、行動しなければならないと。

アジャイル チームを サポートする 6つの方法

今日のビジネス環境では、企業は事業5ヶ年計画を策定するよりも変化に対応できる力をつけることのほうが重要である。アジャイルになるのは決して容易ではない。

ヨーロッパにおける イノベーション の未来

イノベーションのエキスパート、Marc Lhermitte氏は、ヨーロッパは中国の深センやシリコンバレーのように、イノベーションと経済成長の核の一つとして位置づけられていると語る。