未来に焦点をあてる

複雑で競争を強いられる今日のビジネス環境の中で世界中のビジネスリーダーはある共通の課題を持っています。それは未来を予測しながら、今、あらゆる決断を実行しなければならないということです。

Steelcaseでは43人の研究者や戦略アナリストからなるWorkSpace Futuresグループがまさに未来を予測しながら、Steelcaseの頭脳として戦略や先進的なコンセプトの創造だけに時間を費やしています。それはかなり正確な手法で、将来変革されるであろうものとそうでないものを明確化し、「今後10年以上は継続するであろう未来に組み込まれたポケット」と呼ばれるものを研究するというものです。

360マガジンではこのチームに仕事、スペース、情報におけるさまざまなパターンについての研究結果と見解、特に先進的な企業が未来にそなえて考慮しなければならないパターンや行動に関して質問を投げかけ、まとめあげました。それによると働き方を形成するテーマは大きくわけて4つに定義されています。

PDF をダウンロードする