Open image tooltip

早送りで見る未来

そこには私たちが記憶から思い浮かぶ「オフィス」の姿はない。そこにあるのは今とは全く違う様々な働き方がバランスよく機能する「新・オフィス」だ。溢れる色彩と質感によって創り出されるアジャイルな空間。人工知能(AI)や仮想現実(VR)を駆使して複雑な問題に取り組んでいる風景を想像してみてほしい。多彩な直感型スペース、どこにでもつながる会議室、リラックスできるラウンジスペース。人々はその空間を移動しながら仕事をこなしていく。働くことは決して単調ではなく、毎日が刺激に満ち、新たな課題に挑戦する仕事ライフだ。

トレンドは豊富なチョイス。

トレンドは豊富なチョイス。

Steelcaseグローバルオペレーションズのバイスプレジデントは、規模ベースの製造におけるクラフト、データそしてテクノロジーのインパクトに関して驚くべき見解を持っていた。

ファストフォワード

ファストフォワード

後10年もすれば、かつてキッチンの壁に掛かっていたダイヤル式電話ように、今のあなたのオフィスも古臭く見えるだろう。今日の私達を取り巻く環境における変化の合図を注意深く分析し、Steelcaseの研究員はこれからたった10年後に起こり得るであろう仕事の仕方や場所についての7つの興味深いシナリオを考案した。ワクワクしようが身の引き締まる思いに駆られようが、これらは確実に、今日私達が経験しているものとは大きくかけ離れた未来についての見解をかき立てるものである。

それは、火事から始まった。

それは、火事から始まった。

360本号では、今までとは異なる全く新しい方法で問題を解決するイノベーション事例をいくつか紹介している。実際、私たち、Steelcaseは100年以上も前からその姿勢を一貫して貫いてきた。

大きな視点で考え、改善する。

大きな視点で考え、改善する。

トロントの中心に拠点を構える都市型イノベーションハブ、MaRSは起業家やスタートアップ企業が高いレベルで社会を動かすよう支援している。

「データプライバシー・バイ・ デザイン」という設計思想

「データプライバシー・バイ・ デザイン」という設計思想

世界がつながることでイノベーションが生まれる。収集されるデータが責任ある形で管理、分析されなければ、そのことからもたらされる成長や繁栄といった真の意味での恩恵は難しい。