クリエイティブ・シフト

企業組織をより創造的体質にシフトする動きが始まっている。そして、この変化が人々の働き方を根本から変えようとしている。今日、私たちが直面する問題は複雑で、その解決は極めて困難を伴う。今まで蓄積されたノウハウは通用せず、企業組織における「創造性」への期待と要望はかつてないほど高まっている。

関連記事

クリエイティブ・シフト

創造型ワークへのシフト。これは10年ほど前までは簡単に無視された予測だ。 今、ようやくその時代が到来し、職場環境も進化しなければならない時に来ている。SteelcaseとテクノロジーリーダーのMicrosoftは、企業が成長するために欠かせない創造型ワークへのシフトを実現するためのスペースを共同で開発することで提携した。今号ではその取り組みを紹介する。

デジタル化への競争

データビジネスが成長を遂げる中、ITのプロは企業の前線で高度にアジャイルなチームを構築しながら、問題解決のプロジェクトに参画している。

BMWグループはどうイノベーションを推進したか

世界の高級車市場のトップを制すメーカーとして、BMWグループを成功に導いたのは「創造性」である。創立100周年を迎えた企業は数々の画期的イノベーションを達成してきた歴史をもつ。

「チョイス」 できる魅力

人間が欲しているのは、よりパーソナルな体験で、個性の表現はかつてないほど重要視されている。Basslineテーブルはユーザーが個性を表現出来るように、テーブル脚やトップをチョイスできるカスタマイズに成功している。

新・オフィス

発想豊かな高性能スペースとは
世界中の多くのワーカーは、個性のない画一化したオフィスを拒否し、何か抜本的に異なるものを求め始めている。大企業体質への反発はますます強くなるものの、その解決策は未だ明確ではない。

可能性の限界を広げる

テーブルトップが30分も経たないうちに制作できたら? Skylar TibbitsとJared Laucksの両氏が率いるMITのセルフアセンブリーラボでは、3Dプリントの可能性を定義し直し、今回、Steelcaseとのコラボで将来何が可能なのかを探った。

トレンド 360

ロボット、人工知能(AI)、自動化の進展によって、多くの仕事が変わろうとしている。将来、現存の職業のいくつかが消えることは避けられないが、歴史を振り返れば、その多くが社会に良い変化をもたらしていることも事実だ。

再生する オフィス

自然を享受するために必ずしも屋外に出る必要はない。人間が自然と融和する4つの重要ポイントを考慮することによって、バイオフィリックデザインはその効果を模倣し、人間のウェルビーングを大幅に向上させる。