カーボンネガティブとは

気候変動問題は、今日直面している緊急課題の1つです。産業革命前と比較すると、平均気温は約1°C上昇しました。

そして、さらなる地球温暖化によって2°Cではなく1.5°Cに抑えられた場合、2050年時点での死亡や災害、貧困のリスクに晒される人は最大数億人減少すると予測されています。この中には海面上昇によって影響を受ける1000万人も含まれています(2018年度IPCC 特別報告書による)。

二酸化炭素、水蒸気、メタン、オゾン、亜酸化窒素、クロロフルオロカーボンといったガスは、地球の大気中の熱を封じ込め、地表を温める働きをします。これを温室効果ガスと呼びます。主な太陽光は大気を透過しますが、このガスは太陽光がもたらす熱を蓄積します。二酸化炭素や炭素は、最も濃度が高く、温暖化に及ぼす影響が大きいとも言われています。

政府や関連機関による努力にも関わらず、人為的な温室効果ガスの総排出量は増加し続けています。現時点では、世界の平均気温は今世紀末までに2.2°Cから4.4°Cに上昇すると予測されています。その目標達成に企業が果たす役割は極めて重要で、気温を1.5°Cを超えないようにするには既存の企業目標では決して十分ではありません。

当社の目標

当社は、地球温暖化を1.5℃に抑えるために必要十分な指標を目標として設定し、 2030年までに、事業全体において二酸化炭素を排出するより除去するカーボンネガティブ(気候ポジティブとも呼ばれる)を目標としています。

さらに当社は、過去10年間、製造施設からの温室効果ガス排出量を30%以上削減し、2014年以降、世界の電力消費の100%に相当する再生可能エネルギー投資に取り組み続けています。2020年には、事業全体をカーボンニュートラルに構築し直し、次の10年間で温室効果ガス排出量をさらに50%削減することを目指しています。

当社のコミットメント

まずは、次の10年間で、以下の活動を通じて、直接抑制できる排出量を大幅削減するための措置を講じる計画です。

↓50% スコープ1および2の排出量を2030年までに50%削減
↓14% スコープ3の事業活動による廃棄物排出量を13.5%削減
↓14% スコープ3の出張による排出量を13.5%削減

次に、当社は、バリューチェーンでの排出量削減の重要性を認識しています。当社調達の部品や物流業者と連携し、今後5年以内に独自の科学的根拠をベースとする目標を設定します。

最後に、当社は、2030年までに事業全体でカーボンネガティブになることを目標に掲げています。今年、まずは事業全体でカーボンニュートラルになることで大きな一歩を踏み出しました。つまり、スコープ1と2の排出総量と同じ量の炭素を環境から除去したことになります。通常は、新たな排出を抑制するか、大気からの炭素を除去することによって排出総量をオフセットすることでカーボンニュートラルを実現します。当社では、森林再生などの炭素除去への取り組みへの投資にも意欲的で、 2030年までにスコープ1と2の排出総量よりも多くの炭素を除去し、事業全体でカーボンネガティブへの実現を目指します。

当社の誓約

当社は、創業以来、一貫してサステナビリティを主軸に事業活動を継続してきました。今回の野心的目標達成には、解決すべき課題も多く、さらなる綿密なる計画、調整、そして、全社一丸となってその達成に向かう体制づくりが要求されます。カーボンネガティブという目標に向けての歩みを始めるにあたっては、従来のやり方を見直して大幅なる改善が必要になります。具体的には、再生可能エネルギー、エネルギー効率、廃棄物削減のための最も重要でインパクトのある方法に投資することで自社の排出量の大幅削減を目指すというものです。

バリューチェーンの排出量削減に向けては、主要サプライヤーと連携した目標設定とその達成を実現しながら、同時に低炭素サプライヤーとの新たな関係構築にも努めます。さらに、気候政策を提唱し、環境を前進させるために幅広く発言する機会を設けます。温室効果ガス排出量への取り組みに関しては、長期にわたる進捗状況に対する説明責任と透明性を確保するために、年次報告書とCDPプラットフォームを適正適時に公表していく予定です。

スコープ1の排出

自社の事業活動および消費に伴う場所での直接排出。

例えば:自社の製造施設やオフィスの暖房使用に伴う天然ガス、発電機用ディーゼル燃料、コーポレートジェットのジェット燃料など。

スコープ2の排出

自社の事業活動での電力の使用に伴う間接排出(発電所での排出は除く)。

例えば: 自社および運営下にある製造設備、照明、その他のニーズに伴う発電所から供給される電力など。

スコープ3の排出

自社の事業活動に関連する他社の間接排出。

例えば:購入した商品とサービス、従業員の出張と通勤、顧客への製品の輸送、製造廃棄物など。

当社のカーボン戦略目標スケジュール

スコープ1排出 スコープ2排出 カーボンオフセット 再エネクレジット – – – 温室効果ガス純排出

将来の見通しに関する記述

当社では、書面および口頭で、将来の出来事に関する予想と今後の事業運営のための計画とその目的を公表しています。これらの将来の見通しに関する記述は、経営陣の現時点での経営信念、および仮定的情報に基づいた将来の動向、計画、活動、経営や財政状況に関する目標や意図、今後の期待に関する情報等を含むものです。その記述は、「予測する」、「確信する」、「可能性がある」、「予想する」、「期待する」、「意図する」、「多分」、「可能である」、 「推測する」、「目標とする」等の単語で表現されることも多く、あくまでも将来の状況に関する仮定であり、最終的な成果を断定するものではありません。また、国内外の企業間競争や経済状況などのリスク要因や不確実性により、実際の結果が会社の期待と異なる場合もあります。そのリスク要因には、テロ行為、戦争、政府の行動、自然災害、COVID-19等の不可抗力によるパンデミックとその対策としての行動法規制、生産活動における原材料価格等の変動、通貨変動、顧客需要の変化、また、当社の最新年次報告書と証券取引委員会へのその他の提出書類に詳述されている全ての要因が含まれます。 当社は、今後の追加情報や将来の活動等の結果に関わらず、将来の見通しに関する記述を更新、修正、公表する責任を負いません。