Steelcaseは、製品の製造時に排出される温室効果ガスの削減に取り組んでいます。

ESG Carbonオープン画像ツールチップ

気候変動に取り組む

気候変動は時代を決定づける深刻な課題のひとつになっています。人間活動の拡大は世界の平均気温を産業革命以前に比べて約1℃上昇させました。

政府や関係機関による努力にも関わらず、人為的な温室効果ガスの総排出量は増加し続けています。今世紀末までの世界の平均気温は現在より2.2°C上昇して4.4°Cになると予測されています。気温上昇1.5°Cを超えないように多くの企業が世界共通の長期目標を掲げて取り組んでいますが、その目標には程遠いというのが現状です。

気温上昇を2°Cではなく1.5°Cに抑制できたとしても、2050年までに気候変動によって貧困に陥る人の数は数億人とも言われています。これには海面上昇による倒壊なども含まれます(IPCC 2018要約報告書)。

脱炭素目標

インパクトストーリー

温室効果ガス排出の概要とスコープの分類

スコープ1の排出

自社で所有および管理している事業から生じる直接排出—消費される場所からの排出

:製造施設の暖房のための天然ガス、発電機用のディーゼル燃料、企業用ジェット機用のジェット燃料など。

スコープ2の排出

自社で所有および管理する事業が消費する購入電力の発電に伴う間接排出—発電所からの排出。

:所有および運営している製造設備、照明、およびその他製造を稼働させるための発電所購入電力など。

スコープ3の排出

自社の事業活動の結果として発生するその他の間接排出—自社が所有または管理していない排出源から排出。

:購入した商品やサービス、出張や従業員の通勤、顧客への製品の輸送、製造廃棄物など。

 

STEELCASEの脱炭素戦略への道筋

現在、カーボンニュートラルを達成しており、1.5°という科学的根拠に基づく目標を設定し、2030年までに自社施設の絶対排出量を50%削減することを目指しています。

将来の見通しに関する記述についての注意事項